イー・キャピタル株式会社 無料銘柄診断0120-085-910
イー・キャピタル株式会社 関東財務局(金商)第549号

ココだけ!情報局(リアルタイム銘柄情報掲示板)

リアルタイム情報リアルタイム情報

銘柄コードやキーワードで記事を検索できます。

東証JQS(小売業)

8186 大塚家具

2018/09/14 15:18
株価 272円  前日比 -61円  出来高 1,806,900株
8186 大塚家具
継続前提に疑義注記

いよいよ疑義注記まで貼られてしまいましたね。
自主再建はほぼ不可能。
PBRは0.3倍なので資産はあるが、どこまで耐えられるか・・・
止血借金をするぐらいなら、新たな収益柱を作らないと手遅れになってしまいますね。
ニトリ、IKEAもあるし、
ウォークインクロゼットで足りちゃうし、
将来性は見出せない。。。

東証JQS(小売業)

8186 大塚家具

2017/12/27 14:52
株価 847円  前日比 -77円  出来高 582,400株
8186 大塚家具
いつまで高配当が可能?

本日は12月期末の配当権利落ち日。期末配当予想は1株当たり40.00円で、前日終値ベースの配当利回りは4.3%と高配当利回り銘柄だっただけに、今日は急落。ただ18年12月期も3期連続の営業赤字見通しとあって、配当見送りへの警戒感も潜在。

東証JQS(小売業)

8186 大塚家具

2017/11/07 09:15
株価 926円  前日比 30円  出来高 116,900株
8186 大塚家具
ティーケーピーと苦肉の資本提携?

6日、法人向け貸会議室ビジネスを展開する『3479 ティーケーピー』と業務・資本提携すると発表。TKPへの第三者割当増資で10億5135万円(手取り概算額)を調達。調達資金は商品の仕入代金や賃借料支払いなどの運転資金に充当予定。

苦肉の資本提携との指摘もありますが、赤字幅拡大決算もあり、目先はアク抜けから反発へ。

東証JQS(小売業)

8186 大塚家具

2017/10/19 14:03
株価 898円  前日比 -3円  出来高 31,400株
8186 大塚家具

18日、米投資ファンドのブランデス・インベストメント・パートナーズが、同社)株を買い増し、6.23%(従来まで5.13%)を保有していることが明らかに。保有目的は「投資目的による顧客に代理しての取得」としておりますが、業績不振が続くなかでの買い増しに思惑も。

東証JQS(小売業)

8186 大塚家具

2017/09/25 08:13
株価 847円  前日比 円  出来高 株
8186 大塚家具
ロコンドへ出展

インターネット経由の販売を増やすため、26日からアパレルや服飾雑貨の通販を手がけるロコンドのサイトに家具の出品を開始。同社の主要客は年齢の高い層が多く、20~30代女性が中心のロコンドのサイトを活用し、顧客の裾野を広げる戦略。自社チャネルを活用しないでロコンドを活用するあたりは、まだ手探りといった感もありますが、拡大が続く赤字を縮小できるか。

東証JQS(小売業)

8186 大塚家具

2017/07/28 14:34
株価 906円  前日比 -4円  出来高 84,800株
8186 大塚家具
一転赤字見通し

17年12月期の営業損益が従来予想5億円の黒字から一転45億円前後の赤字と報じられておりますね。有明本社ショールームなど、交通の利便性が劣る大型店を中心に売り上げが計画を下回ったことで2年連続赤字見通しに。

6月末時点の店舗は全国で21店と、昨年末から3店増え、都心に近い旗艦店「新宿ショールーム」は来店客数が回復傾向。すでに1000円割れでの低迷も4ヶ月近く続いておりますが、見直し買いが入るのはまだ先か。

東証JQS(小売業)

8186 大塚家具

2017/02/13 09:14
株価 944円  前日比 -66円  出来高 165,900株
8186 大塚家具
18%下落!赤字転落

リアルタイム銘柄情報掲示板では12/28に1155円で、『16年1-9月期(第3四半期累計)の最終損益は40.82億円の赤字と、前年同期の0.71億円赤字から大幅に拡大しているだけに決算シーズンを前に改めて業績警戒感も高まってきたか。』とお伝えしておりましたが、赤字転落決算を発表すると、今日は年初来安値更新で942円まで18%下落です!

1カ月近く続いた節目1000円付近でのもみ合い下放れですので、長期スタンスのホルダー以外は投資戦略の見直しも必要か。

大塚家具の株情報はこちらからご覧頂けます。

東証JQS(小売業)

8186 大塚家具

2016/12/28 13:30
株価 1,155円  前日比 -181円  出来高 801,000株
8186 大塚家具
配当落ちで利益確定売り加速

本日は12月期末の配当権利落ち日。期末配当予想は1株当たり80.00円で、前日終値ベースの配当利回りは6.0%と高利回りを銘柄として底堅い推移が続いておりましたが、権利落ちをきっかけに利益確定売り加速。

16年1-9月期(第3四半期累計)の最終損益は40.82億円の赤字と、前年同期の0.71億円赤字から大幅に拡大しているだけに決算シーズンを前に改めて業績警戒感も高まってきたか。

東証JQS(小売業)

8186 大塚家具

2016/11/07 10:26
株価 1,114円  前日比 -19円  出来高 33,000株
8186 大塚家具
赤字幅拡大!注目すべきは・・・。

第3四半期決算で最終損益は40億円の赤字と、7100万円の赤字だった前年同期から赤字幅が拡大。2月の全店改装の効果が小さかったほか、有明本社ショールームなど大型店を中心に販売が低迷。

従来までの販売員がつきっきりで接客するのをやめ、来店客が商品を自由に見て回れるようにしたものの、販売員の熟練度不足で購買は増えず。

ビジネスモデルの転換の成果はまだ見えておりませんが、注目すべきは最近の大口の買い手の存在。

東証JQS(小売業)

8186 大塚家具

2016/10/26 09:31
株価 1,181円  前日比 10円  出来高 26,500株
8186 大塚家具
買っているのは?

来週は第3四半期決算を控えておりますが、中間期の最終損益は19億円の赤字転落となっており、決算への警戒感は潜在。そんな中、先週から出来高を伴って2割超の謎の上昇を見せているだけに、買い手に注目が集まってきましたね。

東証JQS(小売業)

8186 大塚家具

2016/09/09 09:10
株価 988円  前日比 10円  出来高 36,100株
8186 大塚家具
中古家具の買い取り開始

8日から中古家具の買い取りを開始。これまでの下取りサービスを拡充し、同社で新しい家具を買わない場合も対象に、年内に1万件の買い取りを目指すことに。また一部高級家具については修理後に割安で販売する方針。

お家騒動の一因ともなった久美子氏の「カジュアル路線」を反映させたような戦略ですが、従来までの大塚家具の顧客にはどう映るのでしょうか?

一方、2月以降はRSI80%水準でリバウンドは一巡してきた傾向があるだけに、そろそろ売り場も意識され始めるか。

東証JQS(小売業)

8186 大塚家具

2016/08/08 11:17
株価 935円  前日比 -81円  出来高 283,900株
8186 大塚家具
29%下落!2年5ヶ月ぶりの安値!

当欄では2/15に1304円で、『先日『9843 ニトリ』が高単価ブランド拡充を打ち出したことで、これまで以上に同社ターゲット層とバッティングするとの懸念は潜在。』とお伝えしておりましたが、今日は安値915円まで29%下落で、14年3月以来、2年5ヶ月ぶりの安値を付けております。

16年12月期の単独最終損益は、従来予想より赤字幅が26億円拡大して43億円の赤字転落となるなど、今期2度目の下方修正。年間配当は据え置いておりますが、一部では収益の裏付けがなく、高水準の配当を維持できるのか不透明との見方も。

好調ニトリと明暗クッキリですが、ホルダーがもう一つ忘れてはいけないのが・・・。

東証JQS(小売業)

8186 大塚家具

2016/07/07 14:47
株価 1,043円  前日比 -3円  出来高 42,100株
8186 大塚家具
20%下落!親子喧嘩は第二幕へ

当欄では2/15に1304円で、『先日『9843 ニトリ』が高単価ブランド拡充を打ち出したことで、これまで以上に同社ターゲット層とバッティングするとの懸念は潜在。』とお伝えしておりましたが、今日は安値1041円まで20%下落です。

プロキシーファイトで創業者の大塚勝久氏に勝利した大塚久美子社長は、会員制をやめて気軽に立ち寄れる店を目指して改革を進めておりますが、6月の全店売上高は、前年同期比38.1%減と、2ヶ月連続で前年同月を下回るなど苦戦が続いております。

さらに会社を去った勝久氏が新会社「匠大塚」を立ち上げて、大型店を開業するなど新たなライバルとして立ちはだかろうとしております。

「匠大塚」の春日部市の大型店舗予定地の近くには、大塚家具の春日部ショールームがあるなど、親子喧嘩第二幕は本業対決に突入することになりそうです。

大塚家具の過去記事はこちらからご覧頂けます。

東証JQS(小売業)

8186 大塚家具

2016/07/04 14:10
株価 1,081円  前日比 -26円  出来高 34,700株
8186 大塚家具
17%下落!ニトリと明暗!

当欄では2/15に1304円で、『先日『9843 ニトリ』が高単価ブランド拡充を打ち出したことで、これまで以上に同社ターゲット層とバッティングするとの懸念は潜在。』とお伝えしておりましたが、今日は安値1070円まで17%下落です。

6月の全店売上高は、前年同期比38.1%減と、2ヶ月連続で前年同月を下回っておりますが、当欄でもお馴染みの『9843 ニトリ』は決算通過後に上場来高値を更新しており、明暗クッキリ。

大塚家具の過去記事はこちらからご覧頂けます。

東証JQS(小売業)

8186 大塚家具

2016/06/06 10:46
株価 1,124円  前日比 -111円  出来高 214,700株
8186 大塚家具
14%下落!一転赤字転落へ

当欄では2/15に1304円で、『先日『9843 ニトリ』が高単価ブランド拡充を打ち出したことで、これまで以上に同社ターゲット層とバッティングするとの懸念は潜在。』とお伝えしておりましたが、中間、通期業績の下方修正を受けて、今日は安値1115円まで14%下落です。

通期営業益は5.00億円の黒字から一転15.49億円の赤字へ引き下げ。昨年からの営業・マーケティング戦略の見直しを進めたものの、上期売上高は従来予想を16.3%下回る見通しになっておりますが、世代交代、戦略転換は失敗に終わるのでしょうか?

大塚家具の過去記事はこちらからご覧頂けます。

東証JQS(小売業)

8186 大塚家具

2016/02/15 14:02
株価 1,304円  前日比 189円  出来高 265,700株
8186 大塚家具

先週末発表の15年12月期の単独決算は、営業損益が4億3700万円の黒字転換に。経営権をめぐる混乱に対するおわびとして昨年春に実施したセールや昨年末の店舗改装前のセールが寄与。併せて発行済み株式数の5.36%にあたる自社株買いも発表しており、今日は一時17%上昇。

16年12月期の営業利益は前期比14%増の5億円を見込んでおりますが、先日『9843 ニトリ』が高単価ブランド拡充を打ち出したことで、これまで以上に同社ターゲット層とバッティングするとの懸念は潜在。

東証JQS(小売業)

8186 大塚家具

2016/01/28 08:23
株価 1,379円  前日比 円  出来高 株
8186 大塚家具
上方修正

昨日、15年12月期の業績予想を上方修正。昨秋の値引きセールの効果で、応接家具などの販売が好調だったほか、全店舗をリニューアルするための費用の計上時期がずれ込んだことなどでコストが減ったことなどが寄与。

ここだけみれば、経営戦略を巡る親子騒動は娘さんの勝利のように見えますが、値引きの影響で売上高総利益率は想定を下回っており、戦略転換の成果が試されるのは今期でしょう。

東証JQS(小売業)

8186 大塚家具

2015/12/08 11:09
株価 1,770円  前日比 -1円  出来高 45,800株
8186 大塚家具
配当狙いの買いが下支え

月末に配当権利取り日を控えており、配当狙いの買いも下支え要因になっている面も。一方、先日『9843 ニトリ』が高単価ブランド拡充を打ち出したことで、これまで以上に同社ターゲット層とバッティングするとの懸念も潜在。

東証JQS(小売業)

8186 大塚家具

2015/08/18 09:32
株価 1,697円  前日比 -83円  出来高 90,000株
8186 大塚家具
創業者の売り

創業者で大塚久美子社長の父である勝久氏らが保有する同社株の一部を売却する方針であることが判明。勝久氏と妻の千代子氏が保有する合計387万1212株(発行済み株式の19.95%)の約4分の1である95万株(4.9%)を12月30日までに三菱UFJモルガン・スタンレー証券を通じて売却。

会社側では、勝久氏が売却する事実は変更報告書で知り、事前には把握していなかった模様。経営方針を巡る親子喧嘩は新たなステージへ入りましらが、機関投資家などが嫌いそうな展開。ここからの展開、ご興味ある方は下記の『この銘柄・情報について無料相談する』欄をクリックして頂き、お気軽にお問い合わせください。お電話なら30分以内でのご回答が可能です。

東証JQS(小売業)

8186 大塚家具

2015/07/06 14:30
株価 1,941円  前日比 66円  出来高 596,600株
8186 大塚家具

6日付で大和証券投資信託委託同社の発行済み株式の5.26%を取得したことが判明。保有目的については「証券投資信託の財産として保有」。

3ヶ月近く続いたもみ合い調整を上放れ始めておりますが、プロキシーファイト相場も一巡し、相場は新たなステージへ?

東証JQS(小売業)

8186 大塚家具

2015/07/03 12:46
株価 1,879円  前日比 79円  出来高 404,100株
8186 大塚家具

新しいブランドビジョンのほか、「企業ブランドロゴ」を22年ぶりに刷新。ブランドイメージを大きく変えていきたい方針を前面に出していく。不要になった家具を最大10万円で下取りする「のりかえ特割」キャンペーンを4日から実施して、中古家具事業を本格展開していく。盛り上がりのピークとなった3月以降から調整3ヵ月で休養十分、半期経過して活動開始?

東証JQS(小売業)

8186 大塚家具

2015/04/02 10:38
株価 1,507円  前日比 -53円  出来高 148,000株
8186 大塚家具

3月の店舗売上高が前年同月比37.8%減。前年の消費増税前の駆け込み購入の反動に加え、大塚久美子社長と創業者の大塚勝久氏が経営権を巡って対立していた影響で客足が落ちたことも響いた模様。

配当利回りは5%超と高く、当面の下値は限定的との見方もありますが、業績回復に時間がかかるようであれば調整長期化の可能性も。

東証JQS(小売業)

8186 大塚家具

2015/03/11 10:56
株価 1,593円  前日比 -86円  出来高 567,500株
8186 大塚家具

前日に提出された変更報告書で、大株主の米ファンド「ブランデス・インベストメント・パートナーズ・エル・ピー」の保有比率が10.29%から4.63%に低下したことが判明しておりますが、会社側の提出した適時開示資料によれば、ブランデスは大塚久美子社長を中心とする現経営陣を支持しており、27日の株主総会でも異動前の保有分を含め会社側提案に賛成する旨を表明。

イベントドリブン投資としても注目を集めておりますが、2月下旬から1週間程度で倍増しただけに、現実的な売り場を冷静に見極める必要もありそうです。

東証JQS(小売業)

8186 大塚家具

2015/03/10 14:51
株価 1,677円  前日比 -89円  出来高 1,057,700株
8186 大塚家具
米投資ファンドの保有比率減

本日提出された大量保有報告書で、米投資ファンドのブランデスの保有比率が10.29%から4.63%まで低下していることが判明。

お家騒動を嫌気した面もあるのでしょうか?委任状争奪戦など、思惑も燻っておりますが、2月下旬から1週間程度で倍増しただけに、現実的な売り場を冷静に見極める必要も。

東証JQS(小売業)

8186 大塚家具

2015/02/23 14:43
株価 1,087円  前日比 4円  出来高 23,200株
8186 大塚家具

家具は高級品にシフト。消費回復を背景に売上増加を期待したいところですが、業績の推移はイマイチですね。ずいぶん長いこと株価1000円を挟んでの低空飛行が続いており、経営陣の混乱が収束するまでは株価の回復も難しいか。

東証JQS(小売業)

8186 大塚家具

2012/06/12 15:09
株価 696円  前日比 5円  出来高 10,400株
8186 大塚家具

5月以降、実に30%近い大幅下落。2月に発表した自社株買い終了がキッカケになった面もありそうですが、直近の大量保有報告書では三菱UFJフィナンシャルGの4%近い減少も判明。メガバンクの実弾売りは市場心理を多いに冷やしますね。

東証JQS(小売業)

8186 大塚家具

2012/06/11 08:33
株価 685円  前日比 円  出来高 株
8186 大塚家具

5月以降、実に30%近い大幅下落。2月に発表した自社株買い終了がキッカケになった面もありそうですが、直近の大量保有報告書では三菱UFJフィナンシャルGの4%近い減少も判明。メガバンクの実弾売りは市場心理を多いに冷やしますね。

無料コンテンツ
詳細はこちら

個人情報保護のためにSSLを導入しています。

お問合せサポート    お気軽にお問合せください。

当社では会員様一人ひとりの目線に立ち、投資家様が充実と安心の投資ライフを過ごすためのお手伝いができるように、常に有益な情報を提供し続けます。ご不明な点がございましたら、いつでもお気軽にお問合せください。



受付時間:10時~18時(土日・祝休み)


こちらよりお問合せください
[投資顧問契約に係るリスクについて]

ホームページ上、メール上での提供情報はあくまでも情報の提供であり、売買指示ではございません。実際の投資商品の売買におきましては、自己資金枠等を十分考慮した上、ご自身の判断・責任のもとご利用下さい。
情報内容に関しては万全を期しておりますが、正確性及び安全性を保証するものではありません。提供する情報に基づき利用者の皆様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。
国内上場有価証券等には株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の価格の変動等および有価証券の発行者等の信用状況(財務・経営状況)の悪化等それらに関する外部評価の変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リスク)、または元本を超過する損失を生ずるおそれ(元本超過損リスク)があります。
信用取引を行う場合は、信用取引の額が当該取引等についてお客様の差し入れた委託保証金または証拠金の額(以下「委託保証金等の額」といいます)を上回る場合があると共に、対象となる有価証券の価格または指標等の変動により損失の額がお客様の差し入れた委託保証金の額を上回るおそれ(元本超過損リスク)があります。手数料等およびリスク等については、当該商品等の契約締結前交付書面やお客様向け資料等をよくお読みください。

[重要事項、及び注意事項]

投資顧問契約にあたっては「金融商品取引法第37条の3」の規定に基づき、ご負担頂く助言報酬(以下「情報提供料金」)や、助言の内容および方法(以下「提供サービス内容」)、リスクや留意点を記載した「契約締結前交付書面」を予めお読み頂き、内容をご理解の上ご契約をお願いしております。
ご契約に関する事前の注意事項、情報提供料金、提供サービスの内容に関しましては、各商品の詳細ページにて事前にご確認頂き、内容をご理解の上お取引下さい。
金商法上の有価証券等の投資商品には、相場や金利水準等の価格の変動、及び有価証券の発行者等の先行者等の信用状況の悪化や、それらに関する外部評価の変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リスク)、または元本を超過する損失を生ずるおそれ(元本超過損リスク)があり、投資手法によっても同様の損失が生ずるおそれがあります。
・ご提供の銘柄の中には、取引所や証券会社の判断で信用取引規制がかかる場合もございます。弊社では「SBI証券」を基準に信用取引に関する規制等の判断を行っておりますが、ご利用の証券会社によっては信用取引(制度・一般)が行えない場合もございますので、予めご了承ください。

[免責事項]

ホームページ及びメール上での提供情報は著作権法によって保護されており、イー・キャピタル株式会社(以下「弊社」)に無断で転用、複製又は販売等を行う事を固く禁じます。情報提供は、弊社の情報提供を目的とするものであり、投資勧誘を目的とするものではありません。
ホームページ及びメール上での提供情報はあくまでも情報の提供であり、売買式ではございません。実際の取引(投資)商品の売買におきましては、自己資金枠等を十分考慮した上で、ご自身の判断・責任のもとご利用下さい。
弊社は、提供情報の内容については万全を期しておりますが、会員様が提供情報の内容に基づいて行われる取引、その他の行為、及びその結果については、これを保証するものではありません。また、この情報に基づいて被った如何なる損害についても弊社は一切の責任を負いかねますので予めご了承下さい。

[金融商品取引法第37条に基づく表示]
  • 商号 : イー・キャピタル株式会社(金融商品取引業)
  • 登録番号 : 関東財務局(金商)第549号
  • 加入協会:一般社団法人 日本投資顧問業協会 会員番号 011-01024号
  • サポートデスク電話番号 : 0120-085-910 ※受付時間(平日9:00~17:00)