イー・キャピタル株式会社 無料銘柄診断0120-085-910
イー・キャピタル株式会社 関東財務局(金商)第549号

ココだけ!情報局(リアルタイム銘柄情報掲示板)

リアルタイム情報リアルタイム情報

銘柄コードやキーワードで記事を検索できます。

東証1部(輸送用機器)

7203 トヨタ自動車

2018/10/15 13:54
株価 6,500円  前日比 -108円  出来高 5,499,400株
7203 トヨタ自動車
年初来安値更新

本日は、全体相場の暴落にお付き合いの同社。

同社の通期想定為替レートは106円。現状の為替でも利益は出る計算です。

年初来安値更新のここは・・・ハンター出動します。

ここからの展開にご興味あれば、
無料銘柄診断受け付けは 03-5652-0610まで!
メールでの 銘柄診断は、⇦ こちらをクリックし、ご利用下さい。

東証1部(電気機器)

6752 パナソニック

2018/09/13 15:19
株価 6,394円  前日比 42円  出来高 4,823,300株
6752 パナソニック
年初来安値更新!

「え!パナソニックこんな株価なの!?」
と思われている方がいらっしゃいますが、
本日は逆行安で年初来安値を更新していますね。

ソニーは正反対で年初来高値を更新!(終値)

テスラが不透明で業績も頭打ち感があると株価にも影響しますね。PER11倍。

今後の見通しが気になる方はご相談くださいね。
(フリーダイヤル0120-085-910)

東証1部(精密機器)

7731 ニコン

2018/08/08 08:37
株価 1,929円  前日比 円  出来高 株
7731 ニコン

19年3月期第1四半期連結は、前年同期比66.9%増の219億円。
通期の同利益を従来予想700億円から760億円へ8.6%上方修正。
今期上期配当を27円、未定としていた下期配当も27円実施。これにより年間配当は前期比18円増の54円に増配に。

東証1部(輸送用機器)

7267 ホンダ

2018/07/02 14:53
株価 3,192円  前日比 -61円  出来高 3,737,900株
7267 ホンダ
中国CATLと共同開発

BMWが中国CATL(寧徳時代新能源科技)へ車載電池を発注が報道されています。
世界のEV市場の心臓部を独占する勢いがある、「寧徳時代新能源科技」
なんて読むのかわかりませんが、とにかく巨大企業で、2兆円規模の上場から生産大幅拡大の噂も。
そことホンダは車載電池を共同開発しており、テーマになりそうですね。
出資しているTDKも強いテーマ性がある「全個体電池」でこことつながりがあります。大型株メインの方は注目のタイミングになりそうです!

東証JQS(情報・通信)

4800 オリコン

2017/12/25 09:31
株価 367円  前日比 14円  出来高 71,800株
4800 オリコン

嵐が5年連続でCD売上ナンバー1に輝きましたね。この発表もオリコンでした!今年は紅白に安室奈美恵さんと桑田佳祐さんが出場するなど歌謡界が要注目です!PER13倍台は割安さもあり値動きの軽い銘柄を求める年末年始に期待です。

東証1部(化学)

4005 住友化学

2017/11/02 14:45
株価 826円  前日比 10円  出来高 17,547,000株
4005 住友化学
中間に続き通期上方修正!

リアルタイム銘柄情報掲示板では10/23に753円で、『日経平均の14連騰局面でほぼ横ばいだっただけに、出遅れ修正へ!』とお伝えしておりましたが、今日は年初来高値更新で834円まで10%上昇です!ホルダーの方はおめでとうございます!

1日、通期業績予想を上方修正!合成樹脂の利幅が拡大することなどが寄与し、純利益は前期比40%増の1200億円と、従来予想の1000億円から2割上振れで過去最高!

住友化学の銘柄情報はこちらからご覧頂けます。

東証1部(電気機器)

6937 古河電池

2017/10/24 09:30
株価 1,184円  前日比 -64円  出来高 398,700株
6937 古河電池
挽回銘柄をお探しの方は・・・。

中間期の連結売上高を下方修正。前年同期比26%増の300億から10%増の262億円に修正しておりますが、電池関連のテーマ性もあって9月から10月にかけて5割近く急騰していた反動もあり、テーマ買いから業績売りへ。

挽回銘柄をお探しの方はコチラの無料サービスもご利用ください。
渾身の一発逆転銘柄!

東証1部(その他製品)

7911 凸版印刷

2016/05/30 10:41
株価 1,002円  前日比 7円  出来高 200,000株
7911 凸版印刷
デジタル教科書&AI関連

AIなどの技術を活用して生徒一人ひとりに合わせた問題を出題する電子教材「やるkey(やるキー)」を開発。学校の宿題として取り組ませることで、先生はクラス一人ひとりの理解度を一覧してから授業に臨めることに。

年明け以降のボックス相場上限1000円に差し掛かっているだけに、『デジタル教科書』、『AI』といった市場で人気のテーマ物色に期待したいところ。

テーマ株調査レポートはこちらからご覧頂けます。

東証1部(鉄鋼)

5491 日本金属

2015/10/02 14:30
株価 130円  前日比 1円  出来高 954,000株
5491 日本金属
12%下落!下方修正銘柄

当欄では9/28に144円で、『通期見通しは、中国のリスクに言及しながらも据え置いており、しばらくは膠着状態が続きそうです。』とお伝えしておりましたが、中間業績予想の下方修正もあり、今日は安値126円まで12%下落です。

結局上旬の材料発表前水準までいってこいですが、材料を見て参戦したホルダーは戦略を見直すべきではないでしょうか。

東証1部(ゴム製品)

5121 藤倉ゴム(2)

2014/10/16 15:06
株価 866円  前日比 51円  出来高 4,189,400株
5121 藤倉ゴム(2)
1泊2日で14%上昇!

テレフォン注目銘柄としては10/15に815円で登場しましたが、今日は高値933円まで1泊2日で14%上昇です!ホルダーの方はおめでとうございました!

注目銘柄登場翌日のこの動きはテレフォンサービス効果も?株は人気投票ですので、テレフォンサービスは継続してお聴きください!

無料テレフォンサービス はこちらからご利用頂けます。
直近のテレフォン実績 はこちらからご覧頂けます。
お電話からもご利用頂けます。(03-5652-0606)

無料コンテンツ
詳細はこちら

個人情報保護のためにSSLを導入しています。

お問合せサポート    お気軽にお問合せください。

当社では会員様一人ひとりの目線に立ち、投資家様が充実と安心の投資ライフを過ごすためのお手伝いができるように、常に有益な情報を提供し続けます。ご不明な点がございましたら、いつでもお気軽にお問合せください。



受付時間:10時~18時(土日・祝休み)


こちらよりお問合せください
[投資顧問契約に係るリスクについて]

ホームページ上、メール上での提供情報はあくまでも情報の提供であり、売買指示ではございません。実際の投資商品の売買におきましては、自己資金枠等を十分考慮した上、ご自身の判断・責任のもとご利用下さい。
情報内容に関しては万全を期しておりますが、正確性及び安全性を保証するものではありません。提供する情報に基づき利用者の皆様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。
国内上場有価証券等には株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の価格の変動等および有価証券の発行者等の信用状況(財務・経営状況)の悪化等それらに関する外部評価の変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リスク)、または元本を超過する損失を生ずるおそれ(元本超過損リスク)があります。
信用取引を行う場合は、信用取引の額が当該取引等についてお客様の差し入れた委託保証金または証拠金の額(以下「委託保証金等の額」といいます)を上回る場合があると共に、対象となる有価証券の価格または指標等の変動により損失の額がお客様の差し入れた委託保証金の額を上回るおそれ(元本超過損リスク)があります。手数料等およびリスク等については、当該商品等の契約締結前交付書面やお客様向け資料等をよくお読みください。

[重要事項、及び注意事項]

投資顧問契約にあたっては「金融商品取引法第37条の3」の規定に基づき、ご負担頂く助言報酬(以下「情報提供料金」)や、助言の内容および方法(以下「提供サービス内容」)、リスクや留意点を記載した「契約締結前交付書面」を予めお読み頂き、内容をご理解の上ご契約をお願いしております。
ご契約に関する事前の注意事項、情報提供料金、提供サービスの内容に関しましては、各商品の詳細ページにて事前にご確認頂き、内容をご理解の上お取引下さい。
金商法上の有価証券等の投資商品には、相場や金利水準等の価格の変動、及び有価証券の発行者等の先行者等の信用状況の悪化や、それらに関する外部評価の変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リスク)、または元本を超過する損失を生ずるおそれ(元本超過損リスク)があり、投資手法によっても同様の損失が生ずるおそれがあります。
・ご提供の銘柄の中には、取引所や証券会社の判断で信用取引規制がかかる場合もございます。弊社では「SBI証券」を基準に信用取引に関する規制等の判断を行っておりますが、ご利用の証券会社によっては信用取引(制度・一般)が行えない場合もございますので、予めご了承ください。

[免責事項]

ホームページ及びメール上での提供情報は著作権法によって保護されており、イー・キャピタル株式会社(以下「弊社」)に無断で転用、複製又は販売等を行う事を固く禁じます。情報提供は、弊社の情報提供を目的とするものであり、投資勧誘を目的とするものではありません。
ホームページ及びメール上での提供情報はあくまでも情報の提供であり、売買式ではございません。実際の取引(投資)商品の売買におきましては、自己資金枠等を十分考慮した上で、ご自身の判断・責任のもとご利用下さい。
弊社は、提供情報の内容については万全を期しておりますが、会員様が提供情報の内容に基づいて行われる取引、その他の行為、及びその結果については、これを保証するものではありません。また、この情報に基づいて被った如何なる損害についても弊社は一切の責任を負いかねますので予めご了承下さい。

[金融商品取引法第37条に基づく表示]
  • 商号 : イー・キャピタル株式会社(金融商品取引業)
  • 登録番号 : 関東財務局(金商)第549号
  • 加入協会:一般社団法人 日本投資顧問業協会 会員番号 011-01024号
  • サポートデスク電話番号 : 0120-085-910 ※受付時間(平日9:00~17:00)