イー・キャピタル株式会社 無料銘柄診断0120-085-910
イー・キャピタル株式会社 関東財務局(金商)第549号

ココだけ!情報局(リアルタイム銘柄情報掲示板)

リアルタイム情報リアルタイム情報

銘柄コードやキーワードで記事を検索できます。

東証ジャスダック()

6578 エヌリンクス

2019/01/16 12:33
株価 20,730円  前日比 240円  出来高 102,600株
6578 エヌリンクス
1/7のテレホン注目銘柄 50%上昇!

登場は1390円。

『NHK受信契約・収納代行が主力ですが、ゲーム攻略サイト「アルテマ」も運営している珍しい企業。スマホゲームを投入方針から、人気化する可能性が高いと判断。』としていましたが・・・

1/10に、第3四半期経常が60%の増益&通期計画を超過、初配当12円の実施を発表。また1:3の株式分割も発表し、1/11は寄らずのストップ高でしたが~

本日高値2090円は50%上昇!ホルダーの方おめでとう。

エヌリンクスの銘柄情報はこちらからご覧頂けます。

#エヌリンクス
#ゲーム関連

新興市場~猪突猛進相場に乗れてない・・・と言うのなら、当社無料コンテンツ「渾身の一発逆転銘柄」にご登録!無料で一本提供
 ⇨ ⇨ 渾身の一発逆転銘柄!

マザーズ(医薬品)

4571 ナノキャリア

2019/01/09 12:51
株価 412円  前日比 23円  出来高 864,500株
4571 ナノキャリア

台湾のオリエント・ユーロファーマ社と共同で実施する、NC-6004と免疫チェックポイント阻害剤のキイトルーダ(抗PD-1抗体ペムブロリズマブ)を併用した、頭頸部がん対象の第2相臨床試験開始に関して、欧州規制当局に新薬治験許可申請を提出。

昨年10月からの下降トレンドからの脱却へ向けGo?

#ナノキャリア
#バイオ関連

東証1部(医薬品)

4506 大日本住友製薬

2019/01/09 10:45
株価 3,835円  前日比 225円  出来高 725,700株
4506 大日本住友製薬

当欄お馴染み「4592 サンバイオ」関連銘柄。

脳神経系再生細胞薬「SB623」の開発を手掛けるサンバイオが人気を集める中、サンバイオ株を5%超保有する同社にも物色の手が・・・

昨年12月中旬以降のもみ合い圏を上放れてきたここは注目開始。

東証1部(医薬品)

4534 持田製薬

2018/12/26 13:53
株価 8,670円  前日比 120円  出来高 24,300株
4534 持田製薬

富士薬品と共同開発した痛風・高尿酸血症治療剤「FYU-981」(ドチヌラド)について、国内製造販売承認申請を行ったと発表。
同薬は、富士薬品が創出した尿酸再吸収の抑制による血中尿酸低下作用を持つ新規の薬剤。

東証1部(サービス業)

2372 アイロムグループ

2018/11/16 11:08
株価 2,397円  前日比 193円  出来高 1,535,900株
2372 アイロムグループ
10/24のテレホン注目銘柄 25%上昇!

登場は1943円。

『SMO(医療機関向け治験支援)が事業の主力。一昨日に子会社のIDファーマが免疫細胞治療に用いる樹状細胞の培養を受託したと発表されているほか、傘下の病院では50床から250床へ増床へ拡大方針から今後の業績拡大が期待される展開に注目。』としていましたが・・・

本日ザラバ高値2448円まで25%の上昇!ホルダーの方おめでとう。

 アイロムグループの銘柄情報はこちらからご覧頂けます。 

東証1部(医薬品)

4528 小野薬品工業

2018/11/01 12:22
株価 2,577円  前日比 5円  出来高 1,126,700株
4528 小野薬品工業

昼発表の、19年3月期第2四半期連結税引き前利益は、前年同期比で30.0%増の369億円に拡大、従来予想の300億円を上回っての着地に。併せて、通期の同利益を従来予想の650億円→670億円に3.1%の上方修正。

京都大学本庶特別教授が、ノーベル医学生理学賞の受賞を受け急騰劇を演じ、その後は調整入りとなりましたが・・・

今後の展開は如何に!

無料銘柄診断受け付けは 03-5652-0610まで!
メールでの 銘柄診断は、⇦ こちらをクリックし、ご利用下さい。

東証1部(食料品)

2531 宝ホールディングス

2018/09/06 12:28
株価 1,286円  前日比 171円  出来高 7,467,100株
2531 宝ホールディングス
日経225除外回避の凄まじい破壊力

宝酒造とタカラバイオがグループの中核で、焼酎・みりん業界最大手。
年に一度の225入れ替え回避から、一時全市場値上がり率トップへ!
7月の除外候補から売られ続けてきただけに、戻りも半端ないですね。

海外食品卸増勢で、バイオ好調が続き健康試薬拡大。小売店向けに英語や中国語のPOPを提供し販促を支援。空港など免税店に特化した高級日本酒の取り扱いも拡大して、訪日客の取り込みを狙う。

マザーズ(医薬品)

4591 リボミック

2018/09/04 08:19
株価 503円  前日比 円  出来高 株
4591 リボミック
テレホン注目銘柄 (1)

東大発の創薬ベンチャー。RNAを利用した分子標的薬を開発しており、今期は治験準備の段階に入っており、注目されています。先月21日には抗NGFアプタマーに関する物質特許が査定を受けており、知的財産権面で強固に保護されてきていることからも、注目度が高まる展開に期待。

東証1部(化学)

4028 石原産業

2018/08/13 12:54
株価 1,582円  前日比 300円  出来高 491,700株
4028 石原産業
3000円高はストップ高

先週末、19年3月期上期連結経常損益が、従来予想7億円の赤字から一転30億円の黒字に上方修正。有機化学事業は主力の農薬が、米国やアジアで販売が伸び増益確保。

株価は一気にストップ高し、週足52週線を超えてきましたね。株価修正へGo~です。

東証1部(医薬品)

4523 エーザイ

2018/07/30 12:21
株価 9,772円  前日比 -428円  出来高 1,373,800株
4523 エーザイ
投資判断引き下げ

大和証券が投資判断を2から3へ引き下げ。目標株価は9200円。

当欄7/26『本日は、アルツハイマー薬共同開発の米バイオジェンの株価下落を受けている感じですが、BAN2401の第2相臨床試験の結果はおおむね良好ですからね~この下落はバーゲンセールに・・・ハンター出動します。』は9265円の時で、7/27日には高値10355円まで11%上昇しましたが、ここは一旦利確してからの展開になります。

銘柄相談は03-5652-0610まで。
ネットからは→無料銘柄診断をご利用頂けます。

東証JQS(サービス業)

2191 テラ

2018/07/19 08:44
株価 436円  前日比 円  出来高 株
2191 テラ

良く下げましたね~
2/15にテレホン注目銘柄で475円で登場し、3/19には年初来高値870円まで83%上昇した同社。

昨日、がん免疫細胞療法のアジア展開に向け、台湾のバイテクノロジー企業であるVectorite Biomedical Groupと覚書を締結したとの事。

下降トレンドにクサビを打つのか注視。

テラの銘柄情報はこちらからご覧頂けます。

2017/11/27 14:44
株価 587円  前日比 56円  出来高 1,233,700株
4596 窪田製薬ホールディングス

27日朝に、糖尿病の合併症である重度の網膜症を適応症とする治療薬候補「エミクススタト塩酸塩」の第2相臨床試験(治験)について、被験者の最終来院を終えたと発表。

治験の対象としている重度の増殖糖尿病網膜症の罹患(りかん)者は2020年までに全世界で約2200万人に達する見通しで、業績寄与期待も。

今日はストップ高目前まで18%上昇となっておりますが、『4563 アンジェス』のストップ高などを見てもバイオ関連銘柄に資金が向かい始めましたね。

マザーズ(医薬品)

4587 ペプチドリーム

2017/11/17 09:41
株価 3,480円  前日比 240円  出来高 1,278,400株
4587 ペプチドリーム
独バイエルAGとの創薬共同研究開発契約締結

16日、独バイエルAGとの創薬共同研究開発契約締結を発表。今日は一時9上昇となっておりますが、第1四半期決算は大幅減収で、営業損益以下はすべて赤字転落だっただけに、貴重なリバウンドとなりそうです。

東証1部(医薬品)

4508 田辺三菱製薬

2017/11/02 14:45
株価 2,497円  前日比 -19円  出来高 840,100株
4508 田辺三菱製薬

1日、医薬品開発スタートアップのステリック再生医科学研究所を買収すると発表。買収金額は約35億円。ステリックは海外で潰瘍性大腸炎など腸疾患の治療薬開発を進めており、今回の買収を通じて開発製品を増やし、米国事業の拡大を狙う戦略。

先週、中間・通期業績予想を下方修正しており、調整が続いておりますが、中長期での成長期待も芽生え始めるか。

2017/09/27 13:32
株価 253円  前日比 4円  出来高 465,600株
4564 オンコセラピー・サイエンス

いよいよ来週はノーベル賞発表です!こちらがんの免疫療法で業界紙でノーベル賞関連にもノミネートされております。さらに9/28から『第76回日本癌学会学術総会』が始まりますね。いよいよ秋の学会シーズンに突入です。癌学会で今注目されているのが同社大株主シカゴ大学の中村祐輔教授ですね!癌学会でも座長を務めております。新しいがん免疫療法システムを今年から人にも臨床試験しており成果発表に期待。

2017/08/21 14:08
株価 974円  前日比 32円  出来高 6,304,300株
4188 三菱ケミカルホールディングス

JPモルガン証券では、レーティングを「中立」から「強気」に、目標株価も970円から1100円に引き上げ。第2四半期以降も機能商品事業では、車載用電池材料やエンプラ製品に加え、ディスプレイ用OPLフィルムや炭素繊維の能力増強が段階的に立ち上がる見込みであり、数量増をドライバーとする収益拡大は継続すると判断。

同社利益成長に対し、バリュエーションは過度に割安な水準との見方。先日有機EL関連銘柄として一部紙面でも取り上げられておりましたが、約3ヶ月ぶりのゴールデンクロス形成で上昇トレンド転換か。

東証1部(医薬品)

4521 科研製薬

2016/05/31 12:40
株価 6,300円  前日比 30円  出来高 90,200株
4521 科研製薬

爪白癬治療薬『クレナフィン』について、韓国の『Dong-A ST』と韓国における独占的供給契約を締結したと発表しておりますが、材料性は限定的。

昨年末から25日線超えでリバウンドが一巡する下落トレンドが続いておりますが、RSIも2月、3月の天井圏同様90%近くに到達しており、そろそろ空売りが意識され始め可能性も。

無料コンテンツ
詳細はこちら

個人情報保護のためにSSLを導入しています。

お問合せサポート    お気軽にお問合せください。

当社では会員様一人ひとりの目線に立ち、投資家様が充実と安心の投資ライフを過ごすためのお手伝いができるように、常に有益な情報を提供し続けます。ご不明な点がございましたら、いつでもお気軽にお問合せください。



受付時間:10時~18時(土日・祝休み)


こちらよりお問合せください
[投資顧問契約に係るリスクについて]

ホームページ上、メール上での提供情報はあくまでも情報の提供であり、売買指示ではございません。実際の投資商品の売買におきましては、自己資金枠等を十分考慮した上、ご自身の判断・責任のもとご利用下さい。
情報内容に関しては万全を期しておりますが、正確性及び安全性を保証するものではありません。提供する情報に基づき利用者の皆様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。
国内上場有価証券等には株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の価格の変動等および有価証券の発行者等の信用状況(財務・経営状況)の悪化等それらに関する外部評価の変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リスク)、または元本を超過する損失を生ずるおそれ(元本超過損リスク)があります。
信用取引を行う場合は、信用取引の額が当該取引等についてお客様の差し入れた委託保証金または証拠金の額(以下「委託保証金等の額」といいます)を上回る場合があると共に、対象となる有価証券の価格または指標等の変動により損失の額がお客様の差し入れた委託保証金の額を上回るおそれ(元本超過損リスク)があります。手数料等およびリスク等については、当該商品等の契約締結前交付書面やお客様向け資料等をよくお読みください。

[重要事項、及び注意事項]

投資顧問契約にあたっては「金融商品取引法第37条の3」の規定に基づき、ご負担頂く助言報酬(以下「情報提供料金」)や、助言の内容および方法(以下「提供サービス内容」)、リスクや留意点を記載した「契約締結前交付書面」を予めお読み頂き、内容をご理解の上ご契約をお願いしております。
ご契約に関する事前の注意事項、情報提供料金、提供サービスの内容に関しましては、各商品の詳細ページにて事前にご確認頂き、内容をご理解の上お取引下さい。
金商法上の有価証券等の投資商品には、相場や金利水準等の価格の変動、及び有価証券の発行者等の先行者等の信用状況の悪化や、それらに関する外部評価の変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リスク)、または元本を超過する損失を生ずるおそれ(元本超過損リスク)があり、投資手法によっても同様の損失が生ずるおそれがあります。
・ご提供の銘柄の中には、取引所や証券会社の判断で信用取引規制がかかる場合もございます。弊社では「SBI証券」を基準に信用取引に関する規制等の判断を行っておりますが、ご利用の証券会社によっては信用取引(制度・一般)が行えない場合もございますので、予めご了承ください。

[免責事項]

ホームページ及びメール上での提供情報は著作権法によって保護されており、イー・キャピタル株式会社(以下「弊社」)に無断で転用、複製又は販売等を行う事を固く禁じます。情報提供は、弊社の情報提供を目的とするものであり、投資勧誘を目的とするものではありません。
ホームページ及びメール上での提供情報はあくまでも情報の提供であり、売買式ではございません。実際の取引(投資)商品の売買におきましては、自己資金枠等を十分考慮した上で、ご自身の判断・責任のもとご利用下さい。
弊社は、提供情報の内容については万全を期しておりますが、会員様が提供情報の内容に基づいて行われる取引、その他の行為、及びその結果については、これを保証するものではありません。また、この情報に基づいて被った如何なる損害についても弊社は一切の責任を負いかねますので予めご了承下さい。

[金融商品取引法第37条に基づく表示]
  • 商号 : イー・キャピタル株式会社(金融商品取引業)
  • 登録番号 : 関東財務局(金商)第549号
  • 加入協会:一般社団法人 日本投資顧問業協会 会員番号 011-01024号
  • サポートデスク電話番号 : 0120-085-910 ※受付時間(平日9:00~17:00)