イー・キャピタル株式会社 無料銘柄診断0120-085-910
イー・キャピタル株式会社 関東財務局(金商)第549号

ココだけ!情報局(リアルタイム銘柄情報掲示板)

リアルタイム情報リアルタイム情報

銘柄コードやキーワードで記事を検索できます。

東証JQS(情報・通信)

2303 ドーン

2018/09/25 11:11
株価 1,612円  前日比 71円  出来高 66,300株
2303 ドーン
9/7のテレホン注目銘柄 6%上昇!

登場は1522円。

『地理情報システム構築ソフトを手掛ける。防災シュミュレーションシステムなど社会の安心・安全にかかわるシステムを提供しており、防災関連で今後の一大テーマから人気化する展開に注目。』としていましたが・・・

本日高値1617円は6%の上昇!ホルダーの方おめでとう。

週足一目均衡表雲上限突破してきています。継続注目。

ドーンの株情報はこちらからご覧頂けます。

東証1部(化学)

3407 旭化成

2018/09/21 13:34
株価 1,674円  前日比 -10円  出来高 2,335,600株
3407 旭化成
続落

三菱UFJモルガン・スタンレー証券が、レーティングを新規「ニュートラル」でカバレッジを開始、目標株価は1600円。
今後の株価パフォーマンスは相対的に中位に。

東証1部(卸売業)

3156 UKCホールディングス

2018/09/18 08:45
株価 2,440円  前日比 円  出来高 株
3156 UKCホールディングス
買い気配

上期経常39%の上方修正&配当も25円の増額発表。
『9957 バイテックホールディングス』と、来年4月1日付で経営統合。同社がバイテックHを吸収合併する形で、バイテックH株式1株に対して同社株式1株を割り当て。バイテックHは来年3月27日に上場廃止の予定。

東証1部(電気機器)

6723 ルネサスエレクトロニクス

2018/09/11 11:06
株価 760円  前日比 38円  出来高 8,404,000株
6723 ルネサスエレクトロニクス

年初来安値を更新!米半導体企業買収の資金負担を懸念した株価の動きになっていますね~!本当に7000億円もかける価値があるのか?買収先は、自動車向けの構成比も低く、シナジー効果は限定的との見方も強いです。
一次的なリバウンドも入っていますが、信用買い残も多く売りが出て来る可能性も!

東証1部(電気機器)

6501 日立製作所

2018/09/06 08:47
6501 日立製作所

好材料が多い同社ですが、連日の年初来安値を更新する動きになっていますね~!まだ、信用の買い残も多く上値が重たそうですが、今後のハイテク株や通信株の動きが気になりますね~!

2018/08/31 10:01
株価 6,460円  前日比 1,000円  出来高 312,500株
3652 ディジタルメディアプロフェッショナル

当欄お馴染み銘柄。

昨日、『7587 PALTEK』と米ザイリンクス社のFPGAを活用した、エッジAIソリューションの協業での合意を発表。

CPUやGPUと比べ、FPGAは少ない消費電力で、高い性能と低レイテンシを実現ででき、顧客は独自に用意したディープラーニングの学習モデルをFPGAに実装する事が可能に。

本日75日線突破しており、一目均衡表雲上限突破してくるようだと騰げ足加速しそうだ。

東証JQS(情報・通信)

4667 アイサンテクノロジー

2018/08/30 10:21
株価 3,445円  前日比 503円  出来高 653,100株
4667 アイサンテクノロジー
ストップ高

『9433 KDDI』 と資本業務提携を発表している同社。一気の株価修正ですね。

8月22日に年初来安値2053円をつけていましたが、週足でも3つの移動平均線を一気に突破してきております。東京都ではタクシーの自動運転車の実験走行も始まります。注視開始します。

アイサンテクノロジーの銘柄情報はこちらからご覧頂けます。

東証1部(情報・通信)

4689 ヤフー

2018/07/12 08:31
株価 375円  前日比 円  出来高 株
4689 ヤフー

日本最大級の料理動画レシピサービス「kurashiru」を手掛けるdelyの株式を追加取得し連結子会社化。さらに、良識欠く投稿表示をさせない技術を開発 。

まずは、4月27日と5月1日に空けた窓埋めを目指す動きとなるか注視。

東証1部(電気機器)

6632 JVCケンウッド

2018/06/01 13:34
株価 320円  前日比 -41円  出来高 4,304,800株
6632 JVCケンウッド

野村証券を割り当てとする第三者割当で新株予約券を発行することを発表したことを受けて、大幅安になっています。
希薄化は最大で約18%になる。調達資金で業務用無線システム及びヘルスケア事業への投資に充てるとの事。割安な水準ですが、信用買い残も多く見切り売りが出て来る可能性もありますね~!

東証マザーズ()

3993 PKSHA

2018/04/19 15:01
株価 13,380円  前日比 430円  出来高 112,000株
3993 PKSHA
高値引けは16%上昇

昨日当欄『20日には注目AI関連IPO『4382 HEROZ』が上場してきます。市場では初値は5倍増超えとも言われております。AI関連株は注目変わらず。』でもお伝え済み。

3/26当欄コメント『当欄お馴染みの銘柄。AI関連ですが、良いところまで押してきましたね~オシレータ系テクニカルは売られ過ぎ水準にまで来ています。分割候補&AI関連のIPOも登場してきますんで、そろそろ仕込み時到来か・・・注目再開。』は11470円の時。本日高値引け13380円は16%の上昇!ホルダーの方おめでとう。

PKSHAの銘柄情報はこちらからご覧頂けます。

こんな銘柄を売買して見たい・・・と言う方は、一度当社無料サービスをご利用ください。渾身の一発逆転銘柄!

東証1部(情報・通信)

3676 ハーツユナイテッドグループ

2018/03/19 10:40
株価 1,629円  前日比 -55円  出来高 81,000株
3676 ハーツユナイテッドグループ
AI関連

プロ棋士に勝った将棋ソフト「ポナンザ」で知られる『4382 HEROZ』の新規上場(4月20日予定)が決りました。AI関連に再度脚光が当たりそうですね。

HEROZと業務提携をしている同社。先週末ピクッとしました。テクニカルでは、日足ボリンジャーバンド収束、一目均衡表雲上限突破目前としており継続注目。

ハーツユナイテッドの過去記事はこちらからご覧頂けます。

東証1部(サービス業)

2432 ディー・エヌ・エー

2018/02/09 09:36
株価 2,014円  前日比 -180円  出来高 1,535,600株
2432 ディー・エヌ・エー

2018年3月期連結業績予想を見直し、純利益の見通しを前年比23.4%減の236億円に引き下げた事で株価は急落しています。
全体の地合いが悪い事もありますが、主力のゲーム事業が低調なので、今後が心配ですね。

東証1部(情報・通信)

3724 ベリサーブ

2017/02/21 09:37
株価 3,045円  前日比 78円  出来高 30,300株
3724 ベリサーブ

2020年東京オリンピックに向け自動運転の実証実験が始まっておりますね。高度道路交通システム(ITS)の検証を手掛けており自動運転関連株の一角要注目。株価も3000円の大台回復ですね!3000円台で株式分割する銘柄が多いですが分割に期待です。サーブからレシーブ中ですが・・・そーれ。

無料コンテンツ
詳細はこちら

個人情報保護のためにSSLを導入しています。

お問合せサポート    お気軽にお問合せください。

当社では会員様一人ひとりの目線に立ち、投資家様が充実と安心の投資ライフを過ごすためのお手伝いができるように、常に有益な情報を提供し続けます。ご不明な点がございましたら、いつでもお気軽にお問合せください。



受付時間:10時~18時(土日・祝休み)


こちらよりお問合せください
[投資顧問契約に係るリスクについて]

ホームページ上、メール上での提供情報はあくまでも情報の提供であり、売買指示ではございません。実際の投資商品の売買におきましては、自己資金枠等を十分考慮した上、ご自身の判断・責任のもとご利用下さい。
情報内容に関しては万全を期しておりますが、正確性及び安全性を保証するものではありません。提供する情報に基づき利用者の皆様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。
国内上場有価証券等には株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の価格の変動等および有価証券の発行者等の信用状況(財務・経営状況)の悪化等それらに関する外部評価の変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リスク)、または元本を超過する損失を生ずるおそれ(元本超過損リスク)があります。
信用取引を行う場合は、信用取引の額が当該取引等についてお客様の差し入れた委託保証金または証拠金の額(以下「委託保証金等の額」といいます)を上回る場合があると共に、対象となる有価証券の価格または指標等の変動により損失の額がお客様の差し入れた委託保証金の額を上回るおそれ(元本超過損リスク)があります。手数料等およびリスク等については、当該商品等の契約締結前交付書面やお客様向け資料等をよくお読みください。

[重要事項、及び注意事項]

投資顧問契約にあたっては「金融商品取引法第37条の3」の規定に基づき、ご負担頂く助言報酬(以下「情報提供料金」)や、助言の内容および方法(以下「提供サービス内容」)、リスクや留意点を記載した「契約締結前交付書面」を予めお読み頂き、内容をご理解の上ご契約をお願いしております。
ご契約に関する事前の注意事項、情報提供料金、提供サービスの内容に関しましては、各商品の詳細ページにて事前にご確認頂き、内容をご理解の上お取引下さい。
金商法上の有価証券等の投資商品には、相場や金利水準等の価格の変動、及び有価証券の発行者等の先行者等の信用状況の悪化や、それらに関する外部評価の変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リスク)、または元本を超過する損失を生ずるおそれ(元本超過損リスク)があり、投資手法によっても同様の損失が生ずるおそれがあります。
・ご提供の銘柄の中には、取引所や証券会社の判断で信用取引規制がかかる場合もございます。弊社では「SBI証券」を基準に信用取引に関する規制等の判断を行っておりますが、ご利用の証券会社によっては信用取引(制度・一般)が行えない場合もございますので、予めご了承ください。

[免責事項]

ホームページ及びメール上での提供情報は著作権法によって保護されており、イー・キャピタル株式会社(以下「弊社」)に無断で転用、複製又は販売等を行う事を固く禁じます。情報提供は、弊社の情報提供を目的とするものであり、投資勧誘を目的とするものではありません。
ホームページ及びメール上での提供情報はあくまでも情報の提供であり、売買式ではございません。実際の取引(投資)商品の売買におきましては、自己資金枠等を十分考慮した上で、ご自身の判断・責任のもとご利用下さい。
弊社は、提供情報の内容については万全を期しておりますが、会員様が提供情報の内容に基づいて行われる取引、その他の行為、及びその結果については、これを保証するものではありません。また、この情報に基づいて被った如何なる損害についても弊社は一切の責任を負いかねますので予めご了承下さい。

[金融商品取引法第37条に基づく表示]
  • 商号 : イー・キャピタル株式会社(金融商品取引業)
  • 登録番号 : 関東財務局(金商)第549号
  • 加入協会:一般社団法人 日本投資顧問業協会 会員番号 011-01024号
  • サポートデスク電話番号 : 0120-085-910 ※受付時間(平日9:00~17:00)