イー・キャピタル株式会社 無料銘柄診断0120-085-910
イー・キャピタル株式会社 関東財務局(金商)第549号

ココだけ!情報局(リアルタイム銘柄情報掲示板)

リアルタイム情報リアルタイム情報

銘柄コードやキーワードで記事を検索できます。

マザーズ(情報・通信)

3697 SHIFT

2018/04/20 10:11
株価 5,210円  前日比 260円  出来高 164,600株
3697 SHIFT
シフトアップで14%の上昇

当欄4/17コメント『昨日は、先週末の好決着を受け、目先材料出尽くしから、まさかのストップ安を演じ、本日も安値3990円まで突っ込んでの切り返し。テクニカル無視の下落はバーゲンハンター出動中。20日には注目「AI関連」IPO、「4382 HEROZ」も登場してきます。』は4575円の時。本日ザラ場高値5240円は14%上昇!ホルダーの方おめでとう。

昨年10/31に2203円で登場し、4/4に上場来高値5890円まで2.6倍増達成した同社。継続ハンティングだ~

SHIFTの株情報はこちらからご覧頂けます。

東証1部(電気機器)

6758 ソニー

2018/04/18 09:15
株価 5,377円  前日比 65円  出来高 878,700株
6758 ソニー
7%上昇!

当欄では3/26の4988円でコメント『外部要因の不安が重なり全体相場ととも底値を探る転換に!当欄2月全体相場急落時の『バーゲンハンティング成功銘柄ですが、今回ハンティングタイミングは?』とお伝えしましたが、本日ザラバ高値5380円まで7%の上昇。
テクニカルでは一目均衡表の雲を抜けチャート妙味も良好。

マザーズ(情報・通信)

3698 CRI・ミドルウェア

2018/04/13 08:24
株価 1,980円  前日比 円  出来高 株
3698 CRI・ミドルウェア
買い気配

当欄3/16コメント『VR関連の同社。音声・営巣関連の開発用ソフトウエアが主力。イスラエルのサイバーセキュリティ会社との業務提携発表。
両社の技術を合わせ「監視カメラ・セキュリティソリューション」の実現を目指す。本日高値2345円まであり、その後は利益確定売りに押されています。週足52周線突破からの動きに注目。』は2184円の時。

昨日、上期経常を2倍上方修正発表。本日は、週足横々からの火柱に継続注目。

CRIの株情報はこちらからご覧頂けます。

東証1部(情報・通信)

4312 サイバネットシステム

2018/04/09 13:18
株価 904円  前日比 37円  出来高 412,100株
4312 サイバネットシステム
年初来高値更新 26%の上昇!

当欄では1/17に721円で『中国EV、2兆2千億円市場へ。米国でさらなる販売網拡大を発表。とてつもない経済効果が予想されることから、関連銘柄は早急にチェックです!』とお伝え済み。

3/13にも『ここ数年動きが低調な銘柄ですが月足で三角持合いを形成していることから今月の動向次第では動きに変化が表れそうですね。』は771円。

本日年初来高値奪取909円は26%の上昇!ホルダーの方おめでとう。

サイバネットシステムの銘柄情報はこちらからご覧頂けます。

騰がる銘柄には訳がある!こんな銘柄が無料でパソコンから聴けます。
無料テレフォンはこちらからご利用頂けます。
お電話からもご利用頂けます。(0120-085-910)

東証1部(情報・通信)

3676 ハーツユナイテッドグループ

2018/03/19 10:40
株価 1,629円  前日比 -55円  出来高 81,000株
3676 ハーツユナイテッドグループ
AI関連

プロ棋士に勝った将棋ソフト「ポナンザ」で知られる『4382 HEROZ』の新規上場(4月20日予定)が決りました。AI関連に再度脚光が当たりそうですね。

HEROZと業務提携をしている同社。先週末ピクッとしました。テクニカルでは、日足ボリンジャーバンド収束、一目均衡表雲上限突破目前としており継続注目。

ハーツユナイテッドの過去記事はこちらからご覧頂けます。

2018/02/19 10:38
株価 1,012円  前日比 30円  出来高 2,240,800株
6629 テクノホライゾン・ホールディングス
テレホン注目銘柄 3.6倍増!

テレフォン注目銘柄として昨年10/30に281円で登場し、本日ザラ場高値は1027円。3.4倍増達成!ホルダーの方はおめでとうございます!

何処で買っても利益な銘柄。全体相場暴落でも下げていませんでしたが・・・ここまで来ると何処で急落するか冷や冷やしますね。絵に描いた餅にならない様にしましょう。

こんな銘柄を無料で聴けます。
無料テレフォンはこちらからご利用頂けます。
お電話からもご利用頂けます。(0120-085-910)

東証1部(サービス業)

2432 ディー・エヌ・エー

2018/02/09 09:36
株価 2,014円  前日比 -180円  出来高 1,535,600株
2432 ディー・エヌ・エー

2018年3月期連結業績予想を見直し、純利益の見通しを前年比23.4%減の236億円に引き下げた事で株価は急落しています。
全体の地合いが悪い事もありますが、主力のゲーム事業が低調なので、今後が心配ですね。

マザーズ(情報・通信)

3914 JIGーSAW

2018/01/30 11:28
株価 5,560円  前日比 110円  出来高 53,100株
3914 JIGーSAW

日足移動平均線ゴールデンクロス目前。一目均衡表雲上限突破を狙います。
クラウド&AI関連株。2月9日の本決算へ向けての動きか・・・注視。

JIG-SAW の過去記事はこちらからご覧頂けます。

マザーズ(情報・通信)

3909 ショーケース・ティービー

2018/01/25 10:05
株価 2,348円  前日比 400円  出来高 4,934,200株
3909 ショーケース・ティービー
来たぞ! 400円高のストップ高!

さぁ~ ストップ高。
本日9:23分2050円の時にもコメント済みだ。
昨日の急騰時コメントは1836円ですから、1泊2日27%の上昇で、ホルダーの方「ナイス イ~ン!」。材料に勝る騰げ材料はなし~

これぞ新興市場材料銘柄の真骨頂。こんな銘柄新興市場にはゴロゴロしてますね。ご興味ある方はお問い合わせ下さい。一度経験されてみたい方は、渾身の一発逆転銘柄!に登録を。

渾身の一発逆転銘柄!

東証1部(情報・通信)

3668 コロプラ

2018/01/11 12:31
株価 1,026円  前日比 -199円  出来高 16,599,200株
3668 コロプラ

スマホゲームの白猫プロジェクトを巡り任天堂が特許権侵害で提訴を受けて株価は軟調に推移しております。人気のゲームだけに長引けば業績にも影響が出てきますね。

こちらの銘柄に関して、詳細を知りたい方は、下記のこの銘柄・情報について無料相談する』の緑色ボタンをクリックして頂き、お問い合わせください。

東証1部(情報・通信)

3903 gumi

2017/12/11 14:35
株価 1,028円  前日比 11円  出来高 840,500株
3903 gumi

8日発表の5-10月期決算で、純利益は前年同期比66%減の1億8300万円。広告宣伝費用が増加したほか、前年同期に投資有価証券の売却益を計上した反動が出た格好ですが、嫌気売りは寄り付きで一巡し、プラス圏に浮上。

東証1部(情報・通信)

9602 東宝

2017/10/17 14:24
株価 3,745円  前日比 -115円  出来高 1,015,900株
9602 東宝

中間決算で営業利益は、主力の映画事業が大幅増収増益となり牽引すると、前年同期比32.3%増の323億円。従来予想の290億円を上回る着地となっておりますが、通期計画を据え置いたこともあり、失望売りへ。

マザーズ(情報・通信)

3907 シリコンスタジオ

2017/10/10 13:25
株価 3,345円  前日比 -115円  出来高 164,500株
3907 シリコンスタジオ
赤字幅拡大

先週末発表の第3四半期決算で最終損益は4億4300万円の赤字(前年同期は2億5400万円の赤字)拡大。17年11月期の通期最終損益の見通しは4300万円の黒字で据え置いておりますが、業績の不透明感が強まっておりますね。

5月にスマホゲーム「刻のイシュタリア」など2作品を『3928 マイネット』グループへ譲渡したほか、6-8月期に予定していた新規のゲームの提供が9~11月期に延びたのが響いた格好。次の決算での挽回が確認できるまで調整長期化も。

東証1部(情報・通信)

3632 グリー

2017/10/06 13:05
株価 778円  前日比 -7円  出来高 881,700株
3632 グリー

大和では、業績予想を見直したうえでレーティング『2』継続で、目標株価を920円から890円に引き下げ。

他社IPを活用したモバイルゲームが同証券予想に届かなかった場合、失望感に圧力が生じる可能性に注意したいと指摘。すでに第1四半期は計画からの上振れが報じられておりますが、改めて市場に警戒感も。

東証1部(情報・通信)

3639 ボルテージ

2017/09/07 14:46
株価 1,242円  前日比 -87円  出来高 1,591,700株
3639 ボルテージ

6日、ゲームアプリ「アニドルカラーズ」の配信を7日から始めると発表。5月から事前登録を始めて17万件の登録を集めており、アイテム課金収入による業績拡大を期待も。今月は東京ゲームショウも控えており、地政学的リスクに伴う換金売りが峠を越せばリバウンドも。

2017/08/23 08:10
株価 3,715円  前日比 円  出来高 株
7832 バンダイナムコホールディングス
海外のアニメ配信事業から撤退

海外のアニメ配信事業から撤退と報じられておりますね。日本製アニメの海外人気は続いているものの、動画配信市場で米国勢との激しい競争に生き残れなかった模様。

音楽や映画・アニメなどのコンテンツはCD・DVDの販売からネット配信にシフトするなか、ネットフリックスやHulu、アマゾンなど、米国の配信サービス大手と勝負できるコンテンツと利便性を提供するプラットフォームを日本勢が用意できなかったことが敗因か。

東証2部(電気機器)

6731 ピクセラ

2017/06/14 09:39
株価 282円  前日比 -26円  出来高 10,473,000株
6731 ピクセラ
1週間で3倍増達成!こんな銘柄で資産形成してみたい方は・・・。

テレフォン注目銘柄として6/6に150円で登場しましたが、昨日は年初来高値更新で452円まで1週間で3倍増達成です!ホルダーの方はおめでとうございます!

テレフォンをお聴きの方なら無料でも登場翌日6/7の寄り付き154円で仕込むことが可能でしたが、仮に154円で10000株(約154万円)仕込んでおいて、本日寄り付き333円で売るだけでも約179万円の利益に!

こんな銘柄で資産形成してみたい方は当社会員システムもご検討ください!キャリア10年超の精鋭アドバイザーが『買い』から『売り』まで助言させて頂きます!

現在、トライアルコース会員では、通常88800円(上限価格・税込)のところ、60%OFFの35000円でのお得なキャンペーン(『美女と野獣銘柄』)を実施しておりますが、いよいよ明日で締め切り!このチャンスをお見逃しないように!

会員システムはこちらからご覧頂けます。
資料請求はこちらから。
お陰様でリピート率は88.1%!(2016年9月末)!

東証1部(情報・通信)

9468 カドカワ

2016/05/06 14:07
株価 1,548円  前日比 33円  出来高 194,700株
9468 カドカワ

出版大手KADOKAWAと動画投稿サイトドワンゴが2015年10月1日に商号を「カドカワ」に変更。電子書籍が想定を超え、市場拡大から増加。動画サイトの利益貢献が着実。利用者コンテンツのくみ上げが加速しており、また書籍の直取引に乗り出すなど物流態勢の見直しにも力が入り、目に見えるシナジー効果は生まれてくるのか。

無料コンテンツ

お問合せサポート    お気軽にお問合せください。

当社では会員様一人ひとりの目線に立ち、投資家様が充実と安心の投資ライフを過ごすためのお手伝いができるように、常に有益な情報を提供し続けます。ご不明な点がございましたら、いつでもお気軽にお問合せください。



受付時間:10時~18時(土日・祝休み)


こちらよりお問合せください
[投資顧問契約に係るリスクについて]

ホームページ上、メール上での提供情報はあくまでも情報の提供であり、売買指示ではございません。実際の投資商品の売買におきましては、自己資金枠等を十分考慮した上、ご自身の判断・責任のもとご利用下さい。
情報内容に関しては万全を期しておりますが、正確性及び安全性を保証するものではありません。提供する情報に基づき利用者の皆様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。
国内上場有価証券等には株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の価格の変動等および有価証券の発行者等の信用状況(財務・経営状況)の悪化等それらに関する外部評価の変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リスク)、または元本を超過する損失を生ずるおそれ(元本超過損リスク)があります。
信用取引を行う場合は、信用取引の額が当該取引等についてお客様の差し入れた委託保証金または証拠金の額(以下「委託保証金等の額」といいます)を上回る場合があると共に、対象となる有価証券の価格または指標等の変動により損失の額がお客様の差し入れた委託保証金の額を上回るおそれ(元本超過損リスク)があります。手数料等およびリスク等については、当該商品等の契約締結前交付書面やお客様向け資料等をよくお読みください。

[重要事項、及び注意事項]

投資顧問契約にあたっては「金融商品取引法第37条の3」の規定に基づき、ご負担頂く助言報酬(以下「情報提供料金」)や、助言の内容および方法(以下「提供サービス内容」)、リスクや留意点を記載した「契約締結前交付書面」を予めお読み頂き、内容をご理解の上ご契約をお願いしております。
ご契約に関する事前の注意事項、情報提供料金、提供サービスの内容に関しましては、各商品の詳細ページにて事前にご確認頂き、内容をご理解の上お取引下さい。
金商法上の有価証券等の投資商品には、相場や金利水準等の価格の変動、及び有価証券の発行者等の先行者等の信用状況の悪化や、それらに関する外部評価の変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リスク)、または元本を超過する損失を生ずるおそれ(元本超過損リスク)があり、投資手法によっても同様の損失が生ずるおそれがあります。
・ご提供の銘柄の中には、取引所や証券会社の判断で信用取引規制がかかる場合もございます。弊社では「SBI証券」を基準に信用取引に関する規制等の判断を行っておりますが、ご利用の証券会社によっては信用取引(制度・一般)が行えない場合もございますので、予めご了承ください。

[免責事項]

ホームページ及びメール上での提供情報は著作権法によって保護されており、イー・キャピタル株式会社(以下「弊社」)に無断で転用、複製又は販売等を行う事を固く禁じます。情報提供は、弊社の情報提供を目的とするものであり、投資勧誘を目的とするものではありません。
ホームページ及びメール上での提供情報はあくまでも情報の提供であり、売買式ではございません。実際の取引(投資)商品の売買におきましては、自己資金枠等を十分考慮した上で、ご自身の判断・責任のもとご利用下さい。
弊社は、提供情報の内容については万全を期しておりますが、会員様が提供情報の内容に基づいて行われる取引、その他の行為、及びその結果については、これを保証するものではありません。また、この情報に基づいて被った如何なる損害についても弊社は一切の責任を負いかねますので予めご了承下さい。

[金融商品取引法第37条に基づく表示]
  • 商号 : イー・キャピタル株式会社(金融商品取引業)
  • 登録番号 : 関東財務局(金商)第549号
  • 加入協会:一般社団法人 日本投資顧問業協会 会員番号 011-01024号
  • サポートデスク電話番号 : 0120-085-910 ※受付時間(平日9:00~17:00)