イー・キャピタル株式会社 無料銘柄診断0120-085-910
イー・キャピタル株式会社 関東財務局(金商)第549号

ココだけ!情報局(リアルタイム銘柄情報掲示板)

リアルタイム情報リアルタイム情報

銘柄コードやキーワードで記事を検索できます。

東証1部(輸送用機器)

7203 トヨタ自動車

2018/11/06 13:31
株価 6,624円  前日比 130円  出来高 4,974,900株
7203 トヨタ自動車
注目の決算は・・・

19年3月期第2四半期連結で、利益は前年同期比23.7%増の1兆5488億円に。
通期の同利益を従来予想の2兆4500億円→2兆7200億円(前期は2兆6204億円)に11.0%上方修正し、一転して3.8%増益見通し。あわせて、自社株買いも発表しております。

ここからの展開にご興味あれば、
無料銘柄診断受け付けは 03-5652-0610まで!
メールでの 銘柄診断は、⇦ こちらをクリックし、ご利用下さい。

東証1部(電気機器)

6506 安川電機

2018/10/11 09:32
株価 3,050円  前日比 -165円  出来高 2,953,900株
6506 安川電機
想定レート105円⇒110円でも下方修正

中国市場低迷の影響を非常に重く見積もっています。
トップバッターが崩れたので、これから発表する中国向け企業は苦しい予想が考えられます。
想定レート変更で為替差益を見積もっても、下方修正はネガティブインパクト大。
相当厳しいようですね。リバウンドの対象外にもなり得る懸念材料となりましたね。

東証1部(金属製品)

5986 モリテック スチール

2018/08/29 13:40
株価 662円  前日比 71円  出来高 1,133,200株
5986 モリテック スチール
12%の上昇

テレフォン注目銘柄として昨年10/23に658円で登場し、今年1月には高値1,380円まで!倍増達成した同社。直近7月高値を越えてくると騰げ足を速めそうですね。

本日は、『8001 伊藤忠商事』が、中国で次世代モビリティビジネスに参入との計画を発表。中国の電気自動車メーカーとEVレンタル・メンテナンスサービス会社に出資することを発表。関連銘柄の同社の株価を刺激中~

モリテック スチールの銘柄情報はこちらからご覧頂けます。

東証1部(電気機器)

6617 東光高岳

2018/04/25 14:02
株価 1,874円  前日比 178円  出来高 565,000株
6617 東光高岳

やっとこ切り返しに入ったか・・・

ガソリン車から電気自動車へのシフトの流れに変化なし。急速充電器を手掛けます。
19年3月期連結業績2桁営業増益を予想でポ~ン。株価修正へ向け動き出す!?

東光高岳の株情報はこちらからご覧頂けます。

東証1部(輸送用機器)

6201 豊田自動織機

2017/12/20 14:42
株価 7,400円  前日比 320円  出来高 829,500株
6201 豊田自動織機

一部紙面が、電気自動車(EV)に載せる電池事業に参入と報じておりますね。『7203 トヨタ自動車』のグループ会社で、フォークリフト製造の大手ですが、すでにフォークリフト向け電池を手がけており、そこで培った技術を応用する考え。トヨタと『6752 パナソニック』のEV電池連合への合流も近く申し入れるとあって、成長期待も高まっております!

東証1部(輸送用機器)

7201 日産自動車

2017/12/15 09:02
株価 1,094円  前日比 -6円  出来高 645,700株
7201 日産自動車

エンジンルーム内にある基板の製造不備で発火する恐れがあるとして、日産自動車は14日、「セレナ」「キューブ」など6車種計31万6759台(2010年2月~14年9月製造)について、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出。嫌気売りは限定的ですが、先月同様、75日線超えからオシレータ系指数も反落に転じており、調整ムードも。

東証1部(電気機器)

6728 アルバック

2017/09/13 10:07
株価 6,290円  前日比 180円  出来高 623,700株
6728 アルバック

12日、米アップルがスマホの最上位機種「iPhoneX」の投入を発表。有機ELを採用しており、有機EL向けの蒸着装置を製造販売している同社には改めてテーマ物色も。ただ6月の年初来高値を抜けられず、やや上値の重さも意識され始めたか。 

2017/08/08 08:18
株価 517円  前日比 円  出来高 株
6674 ジーエス・ユアサ コーポレーション
EV電池の走行距離2倍に

電気自動車(EV)が1回の充電で走れる距離を2倍に伸ばす新型電池の量産を2020年にも開始と報じられておりますね。新型電池で走行距離をガソリン車に近づけることでEVの実用性が高まり、普及が加速するとの期待感も

同社は現在車載リチウムイオン電池で世界4位ですが、勢力図を大きく塗り替えるイノベーションとして期待がかかりますね。

東証1部(電気機器)

6507 シンフォニアテクノロジー

2015/03/02 13:08
株価 283円  前日比 69円  出来高 13,985,000株
6507 シンフォニアテクノロジー

半導体搬送装置や制御、航空関連など展開している同社。同社および近畿大学医学部高度先端総合医療センター再生医学部、三重大学大学院医学系研究科らの研究グループは、iPS細胞の品質を維持するための装置の開発に世界で初めて成功したと発表。今回の装置開発により、多くの施設で高い品質のiPS細胞を簡単に培養できるようになる。

東証1部(電気機器)

6844 新電元工業

2014/10/06 13:30
株価 694円  前日比 22円  出来高 373,000株
6844 新電元工業

田淵電機などを巻き込んだパワコン投げ売り相場も一服。同業と比較しても戻りは早いですが、業績相場を意識した相場に移行しだしているのでしょうか。第一四半期時点で進捗率をチェック。

無料コンテンツ
詳細はこちら

個人情報保護のためにSSLを導入しています。

お問合せサポート    お気軽にお問合せください。

当社では会員様一人ひとりの目線に立ち、投資家様が充実と安心の投資ライフを過ごすためのお手伝いができるように、常に有益な情報を提供し続けます。ご不明な点がございましたら、いつでもお気軽にお問合せください。



受付時間:10時~18時(土日・祝休み)


こちらよりお問合せください
[投資顧問契約に係るリスクについて]

ホームページ上、メール上での提供情報はあくまでも情報の提供であり、売買指示ではございません。実際の投資商品の売買におきましては、自己資金枠等を十分考慮した上、ご自身の判断・責任のもとご利用下さい。
情報内容に関しては万全を期しておりますが、正確性及び安全性を保証するものではありません。提供する情報に基づき利用者の皆様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。
国内上場有価証券等には株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の価格の変動等および有価証券の発行者等の信用状況(財務・経営状況)の悪化等それらに関する外部評価の変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リスク)、または元本を超過する損失を生ずるおそれ(元本超過損リスク)があります。
信用取引を行う場合は、信用取引の額が当該取引等についてお客様の差し入れた委託保証金または証拠金の額(以下「委託保証金等の額」といいます)を上回る場合があると共に、対象となる有価証券の価格または指標等の変動により損失の額がお客様の差し入れた委託保証金の額を上回るおそれ(元本超過損リスク)があります。手数料等およびリスク等については、当該商品等の契約締結前交付書面やお客様向け資料等をよくお読みください。

[重要事項、及び注意事項]

投資顧問契約にあたっては「金融商品取引法第37条の3」の規定に基づき、ご負担頂く助言報酬(以下「情報提供料金」)や、助言の内容および方法(以下「提供サービス内容」)、リスクや留意点を記載した「契約締結前交付書面」を予めお読み頂き、内容をご理解の上ご契約をお願いしております。
ご契約に関する事前の注意事項、情報提供料金、提供サービスの内容に関しましては、各商品の詳細ページにて事前にご確認頂き、内容をご理解の上お取引下さい。
金商法上の有価証券等の投資商品には、相場や金利水準等の価格の変動、及び有価証券の発行者等の先行者等の信用状況の悪化や、それらに関する外部評価の変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リスク)、または元本を超過する損失を生ずるおそれ(元本超過損リスク)があり、投資手法によっても同様の損失が生ずるおそれがあります。
・ご提供の銘柄の中には、取引所や証券会社の判断で信用取引規制がかかる場合もございます。弊社では「SBI証券」を基準に信用取引に関する規制等の判断を行っておりますが、ご利用の証券会社によっては信用取引(制度・一般)が行えない場合もございますので、予めご了承ください。

[免責事項]

ホームページ及びメール上での提供情報は著作権法によって保護されており、イー・キャピタル株式会社(以下「弊社」)に無断で転用、複製又は販売等を行う事を固く禁じます。情報提供は、弊社の情報提供を目的とするものであり、投資勧誘を目的とするものではありません。
ホームページ及びメール上での提供情報はあくまでも情報の提供であり、売買式ではございません。実際の取引(投資)商品の売買におきましては、自己資金枠等を十分考慮した上で、ご自身の判断・責任のもとご利用下さい。
弊社は、提供情報の内容については万全を期しておりますが、会員様が提供情報の内容に基づいて行われる取引、その他の行為、及びその結果については、これを保証するものではありません。また、この情報に基づいて被った如何なる損害についても弊社は一切の責任を負いかねますので予めご了承下さい。

[金融商品取引法第37条に基づく表示]
  • 商号 : イー・キャピタル株式会社(金融商品取引業)
  • 登録番号 : 関東財務局(金商)第549号
  • 加入協会:一般社団法人 日本投資顧問業協会 会員番号 011-01024号
  • サポートデスク電話番号 : 0120-085-910 ※受付時間(平日9:00~17:00)