イー・キャピタル株式会社 無料銘柄診断0120-085-910
イー・キャピタル株式会社 関東財務局(金商)第549号

ココだけ!情報局(リアルタイム銘柄情報掲示板)

リアルタイム情報リアルタイム情報

銘柄コードやキーワードで記事を検索できます。

東証1部(電気機器)

6773 パイオニア

2018/12/10 08:43
株価 88円  前日比 円  出来高 株
6773 パイオニア

香港の投資ファンド、ベアリング・プライベート・エクイティ・アジアを引受先とする770億円の第三者割当増資を実施。既存株主から同社株を約250億円で買い取り、パイオニアを完全子会社化。既存株主からの買い取り額は1株66.1円と時価を下回る水準。パイオニアは来年3月に上場廃止予定。

東証1部(電気機器)

6963 ローム

2018/12/06 13:23
株価 7,280円  前日比 -750円  出来高 1,201,900株
6963 ローム
ファーウェイショック

一筋縄ではいかぬ地合いですね~

当欄10/31に7850円で登場し、11/5には高値8500円まで8%上昇した同社。

本日は、中国通信機器大手ファーウェイCFOが、米国の対イラン制裁に違反した疑いでカナダで逮捕されたと伝わって・・・
ファーウェイなど中国通信機器メーカーは、最近日本企業の有力な販売先にもなっており、同社など国内電子部品メーカーにとって、先行きへの影響が懸念される形に。

東証1部(化学)

4911 資生堂

2018/11/09 10:28
株価 7,340円  前日比 -379円  出来高 3,193,300株
4911 資生堂

昨日発表、第3四半期決算では、7-9月期営業利益が303億円と前年同期比で15.8%の減に・・・。市場予想を100億円程度下回る水準で売り先行です。

品切れ発生による日本事業の売り上げの伸び悩みが要因になったようですが、やはり気になるのは、インバウンド向けの売上高の減少ですね。中国EC法の施行による影響も懸念される状況ですので、注意が必要です。

#資生堂
#インバウンド関連

東証1部(電気機器)

6752 パナソニック

2018/10/25 11:28
株価 1,238円  前日比 21円  出来高 9,421,600株
6752 パナソニック

日経225採用銘柄の中で唯一銘柄。
昨晩米国市場で、電気自動車大手のテスラは、第3四半期決算発表で損益が黒字転換。同社と2次電池分野で強力な提携関係にある同社にも、思惑買いが入っています。

本日年初来安値1191円をつけ反発してきており、リバウンド狙いで注目開始。

東証1部(卸売業)

8031 三井物産

2018/10/02 14:24
株価 2,075円  前日比 43円  出来高 7,334,700株
8031 三井物産
年初来高値更新

7か月ぶりの年初来高値を更新。

WTI原油先物価格が前日に2ドル以上上昇し、1バレル=75ドル台まで切り上げており、実に3年10カ月ぶりの高水準にある事から買い優勢。

上昇波動継続中で注視。

東証1部(化学)

4005 住友化学

2017/11/02 14:45
株価 826円  前日比 10円  出来高 17,547,000株
4005 住友化学
中間に続き通期上方修正!

リアルタイム銘柄情報掲示板では10/23に753円で、『日経平均の14連騰局面でほぼ横ばいだっただけに、出遅れ修正へ!』とお伝えしておりましたが、今日は年初来高値更新で834円まで10%上昇です!ホルダーの方はおめでとうございます!

1日、通期業績予想を上方修正!合成樹脂の利幅が拡大することなどが寄与し、純利益は前期比40%増の1200億円と、従来予想の1000億円から2割上振れで過去最高!

住友化学の銘柄情報はこちらからご覧頂けます。

2017/08/21 14:08
株価 974円  前日比 32円  出来高 6,304,300株
4188 三菱ケミカルホールディングス

JPモルガン証券では、レーティングを「中立」から「強気」に、目標株価も970円から1100円に引き上げ。第2四半期以降も機能商品事業では、車載用電池材料やエンプラ製品に加え、ディスプレイ用OPLフィルムや炭素繊維の能力増強が段階的に立ち上がる見込みであり、数量増をドライバーとする収益拡大は継続すると判断。

同社利益成長に対し、バリュエーションは過度に割安な水準との見方。先日有機EL関連銘柄として一部紙面でも取り上げられておりましたが、約3ヶ月ぶりのゴールデンクロス形成で上昇トレンド転換か。

東証JQS(機械)

6266 タツモ

2017/08/04 08:16
株価 2,142円  前日比 円  出来高 株
6266 タツモ
今日のテレフォン注目銘柄(2)

業種は機械です。主に液晶製造装置、半導体関連機器、精密金型及び樹脂成形品の製造、販売を展開。日足チャートでスローストキャスティクスがゴールデンクロスしており、目先は反発局面に注目。

東証1部(石油・石炭製品)

5019 出光興産

2017/07/18 13:25
株価 2,649円  前日比 -79円  出来高 6,426,300株
5019 出光興産
創業家側の差し止め請求却下

一部紙面が、同社の公募増資に関し「東京地裁が創業家側の差し止め請求を却下する決定をした」と報じておりますね。

公募増資の実施に伴う利益の希薄化懸念を嫌気した売りが改めて出ておりますが、昭和シェルとの合併に反対する出光創業家の持ち株比率を下げ、創業家の影響を取り除くためには中長期では悪くない面も。

東証1部(電気機器)

6965 浜松ホトニクス

2016/09/07 12:54
株価 3,040円  前日比 -175円  出来高 576,600株
6965 浜松ホトニクス

SMBC日興証券では、レーティングを「2」から「3」に、目標株価も3100円から2600円に引き下げ。

医用機器向けセンサーの技術進歩で需要拡大に一巡感が出てきたことや、ウェアラブル端末向け部品への期待が株価に織り込まれているとみられることなどから、現在の株価には割高感があるとの見方。

ただ逆日歩0.1円、貸借倍率0.25倍と需給は引き締まっており、25日線割れ水準は買い戻しポイントか。

東証1部(その他製品)

7911 凸版印刷

2016/05/30 10:41
株価 1,002円  前日比 7円  出来高 200,000株
7911 凸版印刷
デジタル教科書&AI関連

AIなどの技術を活用して生徒一人ひとりに合わせた問題を出題する電子教材「やるkey(やるキー)」を開発。学校の宿題として取り組ませることで、先生はクラス一人ひとりの理解度を一覧してから授業に臨めることに。

年明け以降のボックス相場上限1000円に差し掛かっているだけに、『デジタル教科書』、『AI』といった市場で人気のテーマ物色に期待したいところ。

テーマ株調査レポートはこちらからご覧頂けます。

東証1部(化学)

4118 カネカ

2013/05/13 09:29
株価 648円  前日比 37円  出来高 12,290,000株
4118 カネカ

先週末の引け後に13年3月期と14年3月期の連結決算を発表、今期は2期連続で大幅な増益見通しを受けて、朝から物色を受けています。為替の差損益も。
まだ、割安感もありますので押し目をしっかり狙いたい銘柄ですね!

無料コンテンツ
詳細はこちら

個人情報保護のためにSSLを導入しています。

お問合せサポート    お気軽にお問合せください。

当社では会員様一人ひとりの目線に立ち、投資家様が充実と安心の投資ライフを過ごすためのお手伝いができるように、常に有益な情報を提供し続けます。ご不明な点がございましたら、いつでもお気軽にお問合せください。



受付時間:10時~18時(土日・祝休み)


こちらよりお問合せください
[投資顧問契約に係るリスクについて]

ホームページ上、メール上での提供情報はあくまでも情報の提供であり、売買指示ではございません。実際の投資商品の売買におきましては、自己資金枠等を十分考慮した上、ご自身の判断・責任のもとご利用下さい。
情報内容に関しては万全を期しておりますが、正確性及び安全性を保証するものではありません。提供する情報に基づき利用者の皆様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。
国内上場有価証券等には株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の価格の変動等および有価証券の発行者等の信用状況(財務・経営状況)の悪化等それらに関する外部評価の変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リスク)、または元本を超過する損失を生ずるおそれ(元本超過損リスク)があります。
信用取引を行う場合は、信用取引の額が当該取引等についてお客様の差し入れた委託保証金または証拠金の額(以下「委託保証金等の額」といいます)を上回る場合があると共に、対象となる有価証券の価格または指標等の変動により損失の額がお客様の差し入れた委託保証金の額を上回るおそれ(元本超過損リスク)があります。手数料等およびリスク等については、当該商品等の契約締結前交付書面やお客様向け資料等をよくお読みください。

[重要事項、及び注意事項]

投資顧問契約にあたっては「金融商品取引法第37条の3」の規定に基づき、ご負担頂く助言報酬(以下「情報提供料金」)や、助言の内容および方法(以下「提供サービス内容」)、リスクや留意点を記載した「契約締結前交付書面」を予めお読み頂き、内容をご理解の上ご契約をお願いしております。
ご契約に関する事前の注意事項、情報提供料金、提供サービスの内容に関しましては、各商品の詳細ページにて事前にご確認頂き、内容をご理解の上お取引下さい。
金商法上の有価証券等の投資商品には、相場や金利水準等の価格の変動、及び有価証券の発行者等の先行者等の信用状況の悪化や、それらに関する外部評価の変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リスク)、または元本を超過する損失を生ずるおそれ(元本超過損リスク)があり、投資手法によっても同様の損失が生ずるおそれがあります。
・ご提供の銘柄の中には、取引所や証券会社の判断で信用取引規制がかかる場合もございます。弊社では「SBI証券」を基準に信用取引に関する規制等の判断を行っておりますが、ご利用の証券会社によっては信用取引(制度・一般)が行えない場合もございますので、予めご了承ください。

[免責事項]

ホームページ及びメール上での提供情報は著作権法によって保護されており、イー・キャピタル株式会社(以下「弊社」)に無断で転用、複製又は販売等を行う事を固く禁じます。情報提供は、弊社の情報提供を目的とするものであり、投資勧誘を目的とするものではありません。
ホームページ及びメール上での提供情報はあくまでも情報の提供であり、売買式ではございません。実際の取引(投資)商品の売買におきましては、自己資金枠等を十分考慮した上で、ご自身の判断・責任のもとご利用下さい。
弊社は、提供情報の内容については万全を期しておりますが、会員様が提供情報の内容に基づいて行われる取引、その他の行為、及びその結果については、これを保証するものではありません。また、この情報に基づいて被った如何なる損害についても弊社は一切の責任を負いかねますので予めご了承下さい。

[金融商品取引法第37条に基づく表示]
  • 商号 : イー・キャピタル株式会社(金融商品取引業)
  • 登録番号 : 関東財務局(金商)第549号
  • 加入協会:一般社団法人 日本投資顧問業協会 会員番号 011-01024号
  • サポートデスク電話番号 : 0120-085-910 ※受付時間(平日9:00~17:00)