イー・キャピタル株式会社 無料銘柄診断0120-085-910
イー・キャピタル株式会社 関東財務局(金商)第549号

ココだけ!情報局(リアルタイム銘柄情報掲示板)

リアルタイム情報リアルタイム情報

銘柄コードやキーワードで記事を検索できます。

東証1部(情報・通信)

3661 エムアップ

2018/04/23 14:59
株価 1,860円  前日比 220円  出来高 52,522,800株
3661 エムアップ
4/20のテレホン注目銘柄 1泊2日42%上昇

4/19当欄で『VRに特化した新会社VRMODEを設立との事』は場中にお伝え済み。

テレホン登場1400円スタートし、本日ザラ場高値は1989円まで42%上昇!ホルダーの方おめでとう。

なぜ?どうして?テレホン注目銘柄に登場するのか!そこには訳がある・・・こんな銘柄が無料でパソコンから聴けます。
無料テレフォンはこちらからご利用頂けます。
お電話からもご利用頂けます。(0120-085-910)

エムアップの株情報はこちらからご覧頂けます。

マザーズ(情報・通信)

4824 メディアシーク

2018/04/20 13:48
株価 1,424円  前日比 47円  出来高 1,540,300株
4824 メディアシーク
当欄銘柄 高値奪取で2倍増達成!

4/12当欄『「QRコード決済」は今年のテーマ。QRコード直球ど真ん中銘柄の同社は継続注視変わらず。』は1387円の時。

当欄では2/15『直近高値(833円)をロックオンから利確に押されましたが・・・継続注視かわらずは726円の時。信用増し担保規制解除のカウントダウンは始まっています。来週の動きに期待!?』は760円。本日ザラ場高値更新は1456円で2倍増達成!ホルダーの方おめでとう。

メディアシークの銘柄情報はこちらからご覧頂けます。

材料に勝る騰げ材料はなし!こんな材料急騰銘柄を買って見たい・・・そんな方は、こちらの無料サービスもご利用して見て下さい。渾身の一発逆転銘柄!

マザーズ(情報・通信)

3686 ディー・エル・イー

2018/03/14 08:56
株価 490円  前日比 円  出来高 株
3686 ディー・エル・イー
電通と資本業務提携

業種は情報・通信業。
昨日、東京ガールズコレクションを展開する子会社が『4324 電通』 との資本業務提携を発表しています。

テクニカルでは、下値切り上げ&MACDゴールデンクロスしており注視。

ディー・エル・イーの過去記事はこちらからご覧頂けます。

マザーズ(サービス業)

6026 GMO TECH

2018/03/01 10:50
株価 3,750円  前日比 700円  出来高 53,100株
6026 GMO TECH

GMOアップカプセル電子マネー開発。4月上旬からサービスを提供するとの事。ブロックチェーン技術の活用で電子マネーの発行から、店舗アプリを利用した店頭でのチャージや支払いなど簡単に導入出来るサービス。年初来高値を意識した展開になりそうですね。

東証1部(サービス業)

4751 サイバーエージェント

2017/12/26 13:52
株価 4,415円  前日比 -20円  出来高 323,300株
4751 サイバーエージェント
「eスポーツ」関連!

テレフォン注目銘柄として11/15に3885円で登場しましたが、昨日は上場来高値4450円まで14%上昇となりましたよね!

子会社のサイバーゼットが18年に開催する競技者がスポーツのようにゲームの腕を競う「eスポーツ」の世界大会の優勝賞金を、100万ドル(約1億1千万円)にすると明らかにしており、今後注目が高まるであろう「eスポーツ」関連のテーマ性も!

ここから買っていいかどうか迷っている方は、下記の『この銘柄・情報について無料相談する』の緑色ボタンをクリックして頂き、お問い合わせください。

サイバーエージェントの銘柄情報はこちらからご覧頂けます。

東証JQS(情報・通信)

2484 夢の街創造委員会

2017/10/13 14:06
株価 1,533円  前日比 -78円  出来高 638,200株
2484 夢の街創造委員会

12日、決算と同時に中期経営計画を発表。2020年8月期の連結営業利益は17年8月期(前期)の3.6倍にあたる28億円に拡大見通し。

ただ18年8月期の営業利益見通しが前期比2%増の8億1900万円と、市場予想(42%増の11億円)を下回っており、売り買い交錯。

東証1部(情報・通信)

3632 グリー

2017/10/06 13:05
株価 778円  前日比 -7円  出来高 881,700株
3632 グリー

大和では、業績予想を見直したうえでレーティング『2』継続で、目標株価を920円から890円に引き下げ。

他社IPを活用したモバイルゲームが同証券予想に届かなかった場合、失望感に圧力が生じる可能性に注意したいと指摘。すでに第1四半期は計画からの上振れが報じられておりますが、改めて市場に警戒感も。

東証1部(情報・通信)

3639 ボルテージ

2017/09/07 14:46
株価 1,242円  前日比 -87円  出来高 1,591,700株
3639 ボルテージ

6日、ゲームアプリ「アニドルカラーズ」の配信を7日から始めると発表。5月から事前登録を始めて17万件の登録を集めており、アイテム課金収入による業績拡大を期待も。今月は東京ゲームショウも控えており、地政学的リスクに伴う換金売りが峠を越せばリバウンドも。

マザーズ(サービス業)

6094 フリークアウト

2017/04/20 13:41
株価 3,265円  前日比 55円  出来高 42,300株
6094 フリークアウト
「広告」×「テクノロジー」=アドテック!

様々な業種とテクノロジーをかけ合わせた『X‐テック』は株式投資における「勝利の方程式」になりつつありますが、同社は「広告」×「テクノロジー」=アドテック関連銘柄!

日本で初めて「リアルタイム入札(RTB)」を導入した同社は、15年から16年にかけて8.6倍増を達成!

そして次に狙う『X‐テック』銘柄こそ、『勝利の方程式銘柄』!現在、期間限定でのキャンペーンを実施しておりますので、概要が気になる方は下記の『この銘柄・情報について無料相談する』の緑色ボタンをクリックして頂き、お早目にお問い合わせください。フリーダイヤルはコチラから。(0120-085-910)

マザーズ(情報・通信)

3815 メディア工房

2017/02/15 09:19
株価 671円  前日比 69円  出来高 272,600株
3815 メディア工房
11%上昇!2/7のテレフォン注目銘柄!

テレフォン注目銘柄として2/7に615円で登場しましたが、今日は年初来高値更新で685円まで11%上昇です!ホルダーの方はおめでとうございます!

年初からの上値抵抗線650円突破に差し掛かっておりますが、AR、MR、HVRを手掛ける米DoubleMe社と資本・業務提携しており、テーマ性から注目が集まることでしょう。

無料テレフォンはこちらからご利用頂けます。
お電話からもご利用頂けます。(0120-085-910)
叶未来のセレブな株日記はこちらからご利用頂けます。

マザーズ(サービス業)

2489 アドウェイズ

2016/07/22 10:45
株価 684円  前日比 -37円  出来高 778,600株
2489 アドウェイズ
LINE関連から任天堂関連へ

7/14には1223円で、『LINEは今晩NY市場で上場となりますが、売り場のタイミングに迷われている方は・・・』とお伝えしておりましたが、今日は安値672円まで45%下落です。

LINE自体、上場後は調整が続いておりますが、リスクマネーは『ポケモンGO』の大ヒットで任天堂および、その関連銘柄にシフトか。

アドウェイズの過去記事はこちらからご覧頂けます。

マザーズ(情報・通信)

3678 メディアドゥ

2016/07/05 14:05
株価 1,736円  前日比 63円  出来高 83,500株
3678 メディアドゥ

電子書籍が主力事業。今期見通しは増収増益で、楽天マンガへの電子書籍配信などマーケットの拡大から今後も業績の伸びが期待できます。また、電子図書館事業もテーマとして注目される日を待ちたいところ。本日は全体相場に逆行して強い値動きをしており、出来高も増えてきましたね。日足より週足で。

東証1部(情報・通信)

9468 カドカワ

2016/05/06 14:07
株価 1,548円  前日比 33円  出来高 194,700株
9468 カドカワ

出版大手KADOKAWAと動画投稿サイトドワンゴが2015年10月1日に商号を「カドカワ」に変更。電子書籍が想定を超え、市場拡大から増加。動画サイトの利益貢献が着実。利用者コンテンツのくみ上げが加速しており、また書籍の直取引に乗り出すなど物流態勢の見直しにも力が入り、目に見えるシナジー効果は生まれてくるのか。

無料コンテンツ

お問合せサポート    お気軽にお問合せください。

当社では会員様一人ひとりの目線に立ち、投資家様が充実と安心の投資ライフを過ごすためのお手伝いができるように、常に有益な情報を提供し続けます。ご不明な点がございましたら、いつでもお気軽にお問合せください。



受付時間:10時~18時(土日・祝休み)


こちらよりお問合せください
[投資顧問契約に係るリスクについて]

ホームページ上、メール上での提供情報はあくまでも情報の提供であり、売買指示ではございません。実際の投資商品の売買におきましては、自己資金枠等を十分考慮した上、ご自身の判断・責任のもとご利用下さい。
情報内容に関しては万全を期しておりますが、正確性及び安全性を保証するものではありません。提供する情報に基づき利用者の皆様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。
国内上場有価証券等には株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の価格の変動等および有価証券の発行者等の信用状況(財務・経営状況)の悪化等それらに関する外部評価の変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リスク)、または元本を超過する損失を生ずるおそれ(元本超過損リスク)があります。
信用取引を行う場合は、信用取引の額が当該取引等についてお客様の差し入れた委託保証金または証拠金の額(以下「委託保証金等の額」といいます)を上回る場合があると共に、対象となる有価証券の価格または指標等の変動により損失の額がお客様の差し入れた委託保証金の額を上回るおそれ(元本超過損リスク)があります。手数料等およびリスク等については、当該商品等の契約締結前交付書面やお客様向け資料等をよくお読みください。

[重要事項、及び注意事項]

投資顧問契約にあたっては「金融商品取引法第37条の3」の規定に基づき、ご負担頂く助言報酬(以下「情報提供料金」)や、助言の内容および方法(以下「提供サービス内容」)、リスクや留意点を記載した「契約締結前交付書面」を予めお読み頂き、内容をご理解の上ご契約をお願いしております。
ご契約に関する事前の注意事項、情報提供料金、提供サービスの内容に関しましては、各商品の詳細ページにて事前にご確認頂き、内容をご理解の上お取引下さい。
金商法上の有価証券等の投資商品には、相場や金利水準等の価格の変動、及び有価証券の発行者等の先行者等の信用状況の悪化や、それらに関する外部評価の変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リスク)、または元本を超過する損失を生ずるおそれ(元本超過損リスク)があり、投資手法によっても同様の損失が生ずるおそれがあります。
・ご提供の銘柄の中には、取引所や証券会社の判断で信用取引規制がかかる場合もございます。弊社では「SBI証券」を基準に信用取引に関する規制等の判断を行っておりますが、ご利用の証券会社によっては信用取引(制度・一般)が行えない場合もございますので、予めご了承ください。

[免責事項]

ホームページ及びメール上での提供情報は著作権法によって保護されており、イー・キャピタル株式会社(以下「弊社」)に無断で転用、複製又は販売等を行う事を固く禁じます。情報提供は、弊社の情報提供を目的とするものであり、投資勧誘を目的とするものではありません。
ホームページ及びメール上での提供情報はあくまでも情報の提供であり、売買式ではございません。実際の取引(投資)商品の売買におきましては、自己資金枠等を十分考慮した上で、ご自身の判断・責任のもとご利用下さい。
弊社は、提供情報の内容については万全を期しておりますが、会員様が提供情報の内容に基づいて行われる取引、その他の行為、及びその結果については、これを保証するものではありません。また、この情報に基づいて被った如何なる損害についても弊社は一切の責任を負いかねますので予めご了承下さい。

[金融商品取引法第37条に基づく表示]
  • 商号 : イー・キャピタル株式会社(金融商品取引業)
  • 登録番号 : 関東財務局(金商)第549号
  • 加入協会:一般社団法人 日本投資顧問業協会 会員番号 011-01024号
  • サポートデスク電話番号 : 0120-085-910 ※受付時間(平日9:00~17:00)