イー・キャピタル株式会社 無料銘柄診断0120-085-910
イー・キャピタル株式会社 関東財務局(金商)第549号

ココだけ!情報局(リアルタイム銘柄情報掲示板)

リアルタイム情報リアルタイム情報

銘柄コードやキーワードで記事を検索できます。

東証1部(輸送用機器)

7203 トヨタ自動車

2018/07/18 11:04
株価 7,483円  前日比 110円  出来高 3,084,600株
7203 トヨタ自動車
ハンティング成功 6%の上昇

リバウンド相場に突入していますね。

当欄6/26『本日、75日線を割って来ての展開に・・・スローストキャスティクスゴールデンクロス目前でリバウンド態勢に入りそうな感じです。注目開始します。』は7058円の時。本日高値7526円は6%の上昇!ハンティング成功でホルダーの方おめでとう。

しかし~まだまだ貿易摩擦問題が完全に払拭された訳ではありませんので、こまめな売買を心がけましょう。

トヨタ自動車の銘柄情報はこちらからご覧頂けます。

無料銘柄診断はこちらからご利用頂けます。

東証1部(情報・通信)

9984 ソフトバンクグループ

2018/07/12 11:06
株価 9,368円  前日比 556円  出来高 11,189,800株
9984 ソフトバンクグループ

米ヘッジファンドのタイガーグローバルは、ソフトバンクの株式が割安だとして10億ドル以上を取得したと伝わった事で大幅高になっていますね~!株価はアリババなどの資産価値を反映してしてないので、純資産価値を下回っているとの事。今後も追加投資があるのか?

東証1部(電気機器)

6981 村田製作所

2018/07/09 09:36
株価 19,820円  前日比 840円  出来高 785,400株
6981 村田製作所

同社が基幹部品のセラミックコンデンサーを全製品で2~3割値上げすると報じたことを受けて、年初来高値を更新!
本日は大幅高になっています。業績拡大期待が出てきますね~!久しぶりに20000円台が視野に!

東証JQS(情報・通信)

3852 サイバーコム

2018/05/23 14:35
株価 2,238円  前日比 69円  出来高 89,800株
3852 サイバーコム

3/14テレホン注目銘柄2137円で登場し、4/5場高値更新2750円は28%の上昇した同社。

株価横々、75日線が接近。日足ボリンジャーバンド収束で、テーマ『5G関連』で継続注目変わらず。

サイバーコムの過去記事はこちらからご覧頂けます。

東証JQG(情報・通信)

3842 ネクストジェン

2018/05/22 10:09
株価 2,580円  前日比 332円  出来高 90,900株
3842 ネクストジェン
4/10のテレホン注目銘柄

登場は2471円。『5G関連』銘柄。

当欄5/1にも『日足移動平均線ミニゴールデンクロスしてきましたね。飛翔再びは継続注目。』でお伝え済み。

本日、ニュアンス・コミュニケーションズと音声認識分野でパートナーシップを提携。ザラ場年初来高値更新2638円は6%の上昇!ホルダーの方おめでとう。

ネクストジェンの銘柄情報はこちらからご覧頂けます。

騰がる銘柄には訳がある!こんな銘柄が無料でパソコンから聴けます。
無料テレフォンはこちらからご利用頂けます。
お電話からもご利用頂けます。(0120-085-910)

東証1部(電気機器)

6800 ヨコオ

2018/04/16 13:46
株価 2,105円  前日比 204円  出来高 364,400株
6800 ヨコオ

自動車用アンテナ国内大手、『5G関連』の同社。
SMBC日興が目標株価を3000円から3500円に引き上げています。

オシレータ系テクニカルは売られ過ぎ水準から75日線を突破してきています。バーゲンハンティング開始。

東証JQS(情報・通信)

4748 構造計画研究所

2018/04/09 09:54
株価 2,562円  前日比 17円  出来高 13,500株
4748 構造計画研究所
『5G』の本命

中国通信大手3社は2020年までに約5兆円規模を投じ、次世代の無線通信規格である第5世代(5G)の通信網を整備のほか、トヨタとNTTが自動運転の超高速無線通信で提携もあり、『5G』関連のテーマ性が断トツでトップ。
その中でも本命視との声が多数あるこちらがやはり狙われる展開に。

構造計画研究所は多数の次世代のサービスに関わっているため、料性性の豊富さを見れば本命の5G関連銘柄として注目したい。

東証JQS(情報・通信)

6944 アイレックス

2018/03/16 10:02
株価 368円  前日比 41円  出来高 3,564,000株
6944 アイレックス
3/5のテレホン注目銘柄 21%上昇

3/5テレホン注目登場は306円。
IOT&5Gとテーマ満載の同社ですが、本日年初来高値更新!373円は21%の上昇!ホルダーの方おめでとう。

騰がる銘柄には訳がある!なんで?どうして?と思われる方は、当社無料テレホンサービスをお聴きください。
無料テレフォンはこちらからご利用頂けます。
お電話からもご利用頂けます。(0120-085-910)

アイレックスの銘柄情報はこちらからご覧頂けます。

東証1部(情報・通信)

9432 日本電信電話

2018/02/22 10:56
株価 4,832円  前日比 79円  出来高 2,631,000株
9432 日本電信電話

昨日の引け後に3100万株を上限として自社株買いの発表した事を受けて、3日ぶりに反発。株価が調整をしていただけに反発期待もありますが、株価移動平均25日線近辺までか?

東証1部(サービス業)

2432 ディー・エヌ・エー

2018/02/09 09:36
株価 2,014円  前日比 -180円  出来高 1,535,600株
2432 ディー・エヌ・エー

2018年3月期連結業績予想を見直し、純利益の見通しを前年比23.4%減の236億円に引き下げた事で株価は急落しています。
全体の地合いが悪い事もありますが、主力のゲーム事業が低調なので、今後が心配ですね。

東証1部(電気機器)

6976 太陽誘電

2018/02/08 11:16
株価 1,795円  前日比 53円  出来高 株
6976 太陽誘電

昨日、2018年3月期の連結純利益が前期比2.6倍の140億円にて、従来予想から20億円引き上げ、上方修正しました。今後も、自動車や産業機器向けにコンデンサーの旺盛な需要が続く見通しで、本日、好感した買いが入っている模様。

テクニカルでは、一目均衡表の厚い雲の中に突入しており、もみ合いが予想されます。全体相場主力株から手がわりなら、ここは天与の〇〇場になるか・・・

東証1部(電気機器)

6702 富士通

2018/02/01 14:08
株価 703円  前日比 -100円  出来高 53,900,000株
6702 富士通

昨日に発表された第三四半期決算がネガティブ視されています。市場予想を大幅に下回る格好になっています。今後も本業が伸び悩むと先行き不安につながり、株価にも影響をしかねないですね~!信用買い残が多い事も気になります。

東証1部(情報・通信)

9437 NTTドコモ

2017/12/15 14:27
株価 2,701円  前日比 -115円  出来高 10,582,100株
9437 NTTドコモ
楽天参入でレッドオーシャン加速

14日に『4755 楽天』が携帯電話事業に新規参入すると発表したことで、競争激化による収益への悪影響を懸念した売り続いておりますね。前日で織り込んだかと思いきや、今日は一時5%超の下落。

短期的には75日線がサポートラインとして意識されますが、中長期スタンスでの投資戦略は見直す必要がありそうです。

東証1部(電気機器)

6754 アンリツ

2017/11/28 14:40
株価 1,098円  前日比 -15円  出来高 634,800株
6754 アンリツ
「5G」関連!

総務省は、スマホや自動運転向けの需要拡大が見込まる次世代高速通信「5G」サービスへの新規参入を促すと報じられておりますね。

2019年にも電波の割当制度を見直し、審査基準が外部にわかるようにするほか、欧米先進国が導入している価格競争の要素も初めて取り入れ、技術と資金力のある新規参入組に門戸を開く方針。携帯大手3社による通信の寡占状態が崩れれば、国際的に割高な通信料金の引き下げにつながる可能性も。

「5G」の新規参入が拡大すれば、同社の業績拡大も期待できそうですが、本日まったくテーマ物色が入っておりませんね。

マザーズ(電気機器)

6778 アルチザネットワークス

2017/01/06 12:45
株価 738円  前日比 100円  出来高 366,700株
6778 アルチザネットワークス

年明け6日の日経新聞は、中国大手3社が2020年までに3000億元(5兆円)規模を投じて、次世代通信規格である5Gの通信網を整備する報道。基地局や交換機向け通信計測機器の開発業者も刺激されて好反応。株価は跳ねる。

東証JQS(卸売業)

7587 PALTEK

2016/07/14 14:41
株価 610円  前日比 21円  出来高 16,400株
7587 PALTEK

AI、自動運転、など人気テーマの大半に必要となる回路『FPGA』(プログラム可能な半導体)はアップルやMSをはじめとした米大手企業が大規模な投資を始めており、1兆円を超える市場規模とも言われています。先駆けた日本ラッドは株価3倍増!こちらは米国製FPGAを扱う商社でFPGAが主事業。関連本命株として株価押し目で括目!

東証1部(サービス業)

2331 ALSOK

2016/02/03 13:52
株価 5,990円  前日比 -150円  出来高 239,100株
2331 ALSOK

機械警備が主力事業で、法人や家庭向けに契約数は順調に伸びています。運用部門における人材の多機能化による効率化を進め、コスト削減も功を奏し、増収増益を維持しています。好業績銘柄は四半期決算ごとに伸びをチェックする必要がありますが、3Q時点では陰りなし。

東証1部(電気機器)

6513 オリジン電気

2014/10/07 09:19
株価 438円  前日比 37円  出来高 527,000株
6513 オリジン電気
上方修正!30%上昇

テレフォン注目銘柄としては6/27に339円で登場しましたが、昨日通期業績を上方修正すると、今日は年初来高値更新443円まで30%上昇です!ホルダーの方はおめでとうございました!

派手さはありませんが、好業績割安株ですね!ここからの展開、ご興味ある方は下記の『この記事について詳細を聞きたい』欄をクリックして頂き、お気軽に無料診断からお問い合わせください!

無料テレフォンサービス はこちらからご利用頂けます。
直近のテレフォン実績 はこちらからご覧頂けます。
お電話からもご利用頂けます。(03-5652-0606)

無料コンテンツ

お問合せサポート    お気軽にお問合せください。

当社では会員様一人ひとりの目線に立ち、投資家様が充実と安心の投資ライフを過ごすためのお手伝いができるように、常に有益な情報を提供し続けます。ご不明な点がございましたら、いつでもお気軽にお問合せください。



受付時間:10時~18時(土日・祝休み)


こちらよりお問合せください
[投資顧問契約に係るリスクについて]

ホームページ上、メール上での提供情報はあくまでも情報の提供であり、売買指示ではございません。実際の投資商品の売買におきましては、自己資金枠等を十分考慮した上、ご自身の判断・責任のもとご利用下さい。
情報内容に関しては万全を期しておりますが、正確性及び安全性を保証するものではありません。提供する情報に基づき利用者の皆様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。
国内上場有価証券等には株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の価格の変動等および有価証券の発行者等の信用状況(財務・経営状況)の悪化等それらに関する外部評価の変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リスク)、または元本を超過する損失を生ずるおそれ(元本超過損リスク)があります。
信用取引を行う場合は、信用取引の額が当該取引等についてお客様の差し入れた委託保証金または証拠金の額(以下「委託保証金等の額」といいます)を上回る場合があると共に、対象となる有価証券の価格または指標等の変動により損失の額がお客様の差し入れた委託保証金の額を上回るおそれ(元本超過損リスク)があります。手数料等およびリスク等については、当該商品等の契約締結前交付書面やお客様向け資料等をよくお読みください。

[重要事項、及び注意事項]

投資顧問契約にあたっては「金融商品取引法第37条の3」の規定に基づき、ご負担頂く助言報酬(以下「情報提供料金」)や、助言の内容および方法(以下「提供サービス内容」)、リスクや留意点を記載した「契約締結前交付書面」を予めお読み頂き、内容をご理解の上ご契約をお願いしております。
ご契約に関する事前の注意事項、情報提供料金、提供サービスの内容に関しましては、各商品の詳細ページにて事前にご確認頂き、内容をご理解の上お取引下さい。
金商法上の有価証券等の投資商品には、相場や金利水準等の価格の変動、及び有価証券の発行者等の先行者等の信用状況の悪化や、それらに関する外部評価の変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リスク)、または元本を超過する損失を生ずるおそれ(元本超過損リスク)があり、投資手法によっても同様の損失が生ずるおそれがあります。
・ご提供の銘柄の中には、取引所や証券会社の判断で信用取引規制がかかる場合もございます。弊社では「SBI証券」を基準に信用取引に関する規制等の判断を行っておりますが、ご利用の証券会社によっては信用取引(制度・一般)が行えない場合もございますので、予めご了承ください。

[免責事項]

ホームページ及びメール上での提供情報は著作権法によって保護されており、イー・キャピタル株式会社(以下「弊社」)に無断で転用、複製又は販売等を行う事を固く禁じます。情報提供は、弊社の情報提供を目的とするものであり、投資勧誘を目的とするものではありません。
ホームページ及びメール上での提供情報はあくまでも情報の提供であり、売買式ではございません。実際の取引(投資)商品の売買におきましては、自己資金枠等を十分考慮した上で、ご自身の判断・責任のもとご利用下さい。
弊社は、提供情報の内容については万全を期しておりますが、会員様が提供情報の内容に基づいて行われる取引、その他の行為、及びその結果については、これを保証するものではありません。また、この情報に基づいて被った如何なる損害についても弊社は一切の責任を負いかねますので予めご了承下さい。

[金融商品取引法第37条に基づく表示]
  • 商号 : イー・キャピタル株式会社(金融商品取引業)
  • 登録番号 : 関東財務局(金商)第549号
  • 加入協会:一般社団法人 日本投資顧問業協会 会員番号 011-01024号
  • サポートデスク電話番号 : 0120-085-910 ※受付時間(平日9:00~17:00)