イー・キャピタル株式会社 無料銘柄診断0120-085-910
イー・キャピタル株式会社 関東財務局(金商)第549号

ココだけ!情報局(リアルタイム銘柄情報掲示板)

リアルタイム情報リアルタイム情報

銘柄コードやキーワードで記事を検索できます。

東証1部(電気機器)

6502 東芝

2018/04/23 09:09
株価 298円  前日比 13円  出来高 10,181,000株
6502 東芝

東芝メモリの売却計画について、5月末までに独禁法の審査で中国当局の承認が得られなければ、売却を中止する方針との事で反発のスタートをしました!

東証1部(電気機器)

6506 安川電機

2018/04/16 13:15
株価 4,675円  前日比 10円  出来高 3,597,800株
6506 安川電機
バーゲンセール銘柄!?

12日発表の18年2月期の連結経常利益は、553億円に拡大し過去最高を更新しており、来期も670億円の見通しになっています。業績の好調さは確認済み。

しかしながら本日の動きはものたりませんね。株価は横々の動きを見せていますが、チャンスになりそうです。2月の下落相場でもハンティング成功の銘柄です。ハンティング再度開始!

何処で買うか、売るかで大きな差が出る株式取引。状況を冷静に見極める確かな目が重要です。
安川電機の銘柄情報はこちらからご覧頂けます。

東証1部(電気機器)

6508 明電舎

2018/03/20 14:24
株価 406円  前日比 9円  出来高 984,000株
6508 明電舎

昨日の取引終了後、記念配当1円を実施すると発表したことから、株主還元を好感した買いが入っています!
昨年12月創業120周年を迎え、2018年3月期の期末に実施し、年間の普通配当は前期と同じ8円となります。

東証1部(機械)

6367 ダイキン工業

2018/03/15 14:31
株価 12,120円  前日比 70円  出来高 549,300株
6367 ダイキン工業

SMBC日興証券が、昨日付で目標株価を1万4500円から1万4800円に引き上げました。アジアや北米地域の販売が改善に向かうと予想し、2018年3月期と19年3月期の営業利益見通しをやや上方修正したことによるもので、株価上昇の要因となっています!

東証2部(機械)

7726 黒田精工

2018/02/22 08:31
株価 2,881円  前日比 円  出来高 株
7726 黒田精工
テレホン注目銘柄 (1)

機械メーカーとして、精密加工技術生かした直動関連機器や精密金型を主力とし、医療など新市場の開拓も積極的に行っている。半導体装置向けのほか、金型や工作機械も好調で、営業利益上振れを見込んでいます。

東証1部(電気機器)

6594 日本電産

2018/01/25 09:35
株価 17,950円  前日比 220円  出来高 953,200株
6594 日本電産
『富める者はますます富む銘柄』

昨日発表の2017年4-12月期連結決算は最終利益が前年比16.1%増の947億円で通期業績は据え置き・・・自社株買いの発表も。

当欄昨年12/5コメント『今後巨大化するEV市場でも存在感を示すことになりそうですね。』は15290円の時。17%上昇で大口ホルダーの方おめでとう。

『富める者はますます富む銘柄!』こんな銘柄を仕込みからやってみたい方は、お問い合わせ下さいね。
無料銘柄診断はこちらから ⇒ 無料銘柄診断

東証1部(電気機器)

6503 三菱電機

2018/01/17 14:25
株価 2,087円  前日比 51円  出来高 6,828,400株
6503 三菱電機

電子ミラー向け物体認識技術を開発と発表!車両後側方の物体を100メートル程度の遠方から早期にカメラで認識できるとの事。夜間や悪天候などの時には便利ですし、安全面からも助かりますね~!

東証1部(輸送用機器)

7267 ホンダ

2017/11/16 14:44
株価 3,665円  前日比 45円  出来高 4,120,400株
7267 ホンダ
ソフトバンクとコネクテッドカーを共同開発!

ソフトバンクと第5世代(5G)と呼ばれる通信技術を使ったコネクテッドカーを共同開発すると報じられており、改めてテーマ性に注目が集まっておりますね。

日産、SUBARUなどが無資格検査問題で調整ムードが強まっていることもあり、自動車セクター内で相対的に優位性が高まることになりそうです!

東証1部(電気機器)

6501 日立製作所

2017/10/24 13:22
株価 861円  前日比 -7円  出来高 14,271,000株
6501 日立製作所
10%上昇!自動運転関連

リアルタイム銘柄情報掲示板では9/20に787.7円で、『月足ベースで1年8ヶ月ぶりに一目均衡表の雲上限を突破し始めており、中長期での上昇トレンド転換期待も。』とお伝えしておりましたが、昨日は年初来高値871.7円まで10%上昇です!ホルダーの方はおめでとうございます!

24日、自動運転の機能が停止した場合に、スムーズにドライバーへ引き継ぐシステムを開発したと発表。市場の重要テーマでもある自動運転関連の技術蓄積も着々と進んでおりますね。

日立製作所の銘柄情報はこちらからご覧頂けます。

東証1部(電気機器)

6617 東光高岳

2017/09/13 11:02
株価 1,992円  前日比 140円  出来高 179,900株
6617 東光高岳

世界的なガソリン車から電気自動車へのシフトの流れがとまりません。まさにEV相場と言った形相を見せる株式市場。同社は言わずと知れた、急速充電器を手掛けます。株価は週足52線を越え、ボリンジャーバンドもカメハメ波になってきています。本日某紙登場で継続注視だ。

東証1部(非鉄金属)

5802 住友電気工業

2016/02/23 14:30
株価 1,340円  前日比 -1円  出来高 2,040,700株
5802 住友電気工業

電線首位で、自動車用ワイヤーハーネス、光ファイバー、海底送電線などを手掛けており、電線地中化関連としては今後注目を集める可能性も。

ただ足元では決算評価によるものか、野村が保有比率を減らしておりますので、ホルダーの方は念頭にいれておいてください。

東証1部(電気機器)

6966 三井ハイテック

2015/03/25 10:16
株価 928円  前日比 13円  出来高 40,500株
6966 三井ハイテック

金型メーカーとしてスタートした企業ですが、今の主力はICリードフレームとモーターコア。トヨタのハイブリッド車に部品を供給するなど、自動車向けが順調に推移しており、株価も順調に高値を更新中。

無料コンテンツ

お問合せサポート    お気軽にお問合せください。

当社では会員様一人ひとりの目線に立ち、投資家様が充実と安心の投資ライフを過ごすためのお手伝いができるように、常に有益な情報を提供し続けます。ご不明な点がございましたら、いつでもお気軽にお問合せください。



受付時間:10時~18時(土日・祝休み)


こちらよりお問合せください
[投資顧問契約に係るリスクについて]

ホームページ上、メール上での提供情報はあくまでも情報の提供であり、売買指示ではございません。実際の投資商品の売買におきましては、自己資金枠等を十分考慮した上、ご自身の判断・責任のもとご利用下さい。
情報内容に関しては万全を期しておりますが、正確性及び安全性を保証するものではありません。提供する情報に基づき利用者の皆様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。
国内上場有価証券等には株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の価格の変動等および有価証券の発行者等の信用状況(財務・経営状況)の悪化等それらに関する外部評価の変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リスク)、または元本を超過する損失を生ずるおそれ(元本超過損リスク)があります。
信用取引を行う場合は、信用取引の額が当該取引等についてお客様の差し入れた委託保証金または証拠金の額(以下「委託保証金等の額」といいます)を上回る場合があると共に、対象となる有価証券の価格または指標等の変動により損失の額がお客様の差し入れた委託保証金の額を上回るおそれ(元本超過損リスク)があります。手数料等およびリスク等については、当該商品等の契約締結前交付書面やお客様向け資料等をよくお読みください。

[重要事項、及び注意事項]

投資顧問契約にあたっては「金融商品取引法第37条の3」の規定に基づき、ご負担頂く助言報酬(以下「情報提供料金」)や、助言の内容および方法(以下「提供サービス内容」)、リスクや留意点を記載した「契約締結前交付書面」を予めお読み頂き、内容をご理解の上ご契約をお願いしております。
ご契約に関する事前の注意事項、情報提供料金、提供サービスの内容に関しましては、各商品の詳細ページにて事前にご確認頂き、内容をご理解の上お取引下さい。
金商法上の有価証券等の投資商品には、相場や金利水準等の価格の変動、及び有価証券の発行者等の先行者等の信用状況の悪化や、それらに関する外部評価の変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リスク)、または元本を超過する損失を生ずるおそれ(元本超過損リスク)があり、投資手法によっても同様の損失が生ずるおそれがあります。
・ご提供の銘柄の中には、取引所や証券会社の判断で信用取引規制がかかる場合もございます。弊社では「SBI証券」を基準に信用取引に関する規制等の判断を行っておりますが、ご利用の証券会社によっては信用取引(制度・一般)が行えない場合もございますので、予めご了承ください。

[免責事項]

ホームページ及びメール上での提供情報は著作権法によって保護されており、イー・キャピタル株式会社(以下「弊社」)に無断で転用、複製又は販売等を行う事を固く禁じます。情報提供は、弊社の情報提供を目的とするものであり、投資勧誘を目的とするものではありません。
ホームページ及びメール上での提供情報はあくまでも情報の提供であり、売買式ではございません。実際の取引(投資)商品の売買におきましては、自己資金枠等を十分考慮した上で、ご自身の判断・責任のもとご利用下さい。
弊社は、提供情報の内容については万全を期しておりますが、会員様が提供情報の内容に基づいて行われる取引、その他の行為、及びその結果については、これを保証するものではありません。また、この情報に基づいて被った如何なる損害についても弊社は一切の責任を負いかねますので予めご了承下さい。

[金融商品取引法第37条に基づく表示]
  • 商号 : イー・キャピタル株式会社(金融商品取引業)
  • 登録番号 : 関東財務局(金商)第549号
  • 加入協会:一般社団法人 日本投資顧問業協会 会員番号 011-01024号
  • サポートデスク電話番号 : 0120-085-910 ※受付時間(平日9:00~17:00)