イー・キャピタル株式会社 無料銘柄診断0120-085-910
イー・キャピタル株式会社 関東財務局(金商)第549号

ココだけ!情報局(リアルタイム銘柄情報掲示板)

リアルタイム情報リアルタイム情報

銘柄コードやキーワードで記事を検索できます。

東証1部(ガラス・土石製品)

5233 太平洋セメント

2018/11/15 12:45
株価 3,670円  前日比 40円  出来高 380,800株
5233 太平洋セメント

米中間選挙後、継続的な買いが流入している同社。
米中間選挙の結果、「ねじれ議会」となった訳ですが、超党派として支持が得られる経済政策として「インフラ投資」との見方が多く、同社は米国でのセメント事業の好調さが伝わっている事から、今後も追い風が期待できるとの思惑あり・・・。

#太平洋セメント
#国土強靭化関連

東証1部(鉱業)

1662 石油資源開発

2018/11/09 14:22
株価 2,402円  前日比 -111円  出来高 342,200株
1662 石油資源開発
急騰から急落

14:00発表の19年3月期第2四半期連結経常利益は、前年同期比85.5%減の12.9億円に・・・。しかし、通期の同利益を従来予想の100億円から123億円へと23.9%上方修正し、増益率は2.6倍から3.2倍に拡大する見通しとなった事で、発表直後は急騰~そして出尽くしから急落の推移です。

今後の展開は如何に・・・

無料銘柄診断受け付けは 03-5652-0610まで!
メールでの 銘柄診断は、⇦ こちらをクリックし、ご利用下さい。

東証1部(建設業)

6366 千代田化工建設

2018/11/09 13:05
株価 378円  前日比 -42円  出来高 21,659,400株
6366 千代田化工建設
62%下落!

本日昼に発表の19年3月期第2四半期連結最終損益は、1086億円の赤字(前年同期は34.8億円の黒字)に転落。

当欄8/8に『19年3月期第1四半期連結経常損益は、31.6億円の赤字に転落。
売上営業損益率は、前年同期の0.5%からー3.6%に大幅悪化。8/2に818円の安値をつけ反発していましたが、再度売られる展開か・・・』は900円の時でしたからね~

銘柄相談でお問い合わせのあった方は、良かったですね。

銘柄相談は03-5652-0610まで。
ネットからは→無料銘柄診断をご利用頂けます。

東証1部(非鉄金属)

5713 住友金属鉱山

2018/11/09 11:24
株価 3,508円  前日比 -229円  出来高 1,614,800株
5713 住友金属鉱山

昨日、上半期の決算を発表。通期予想を下方修正です。
利益が従来予想1210億円から1070億円に減額しておりますが、金属市況の下落に加え、操業トラブルによるニッケルの販売減なども影響。
Pogo金鉱山売却による上乗せもあっただけに、想定以上に状況は厳しくなっているとの見方が優勢。

下降トレンド継続ですので注意が必要か・・・

無料銘柄診断受け付けは 03-5652-0610まで!
メールでの 銘柄診断は、⇦ こちらをクリックし、ご利用下さい。

東証1部(非鉄金属)

5707 東邦亜鉛

2018/10/24 09:30
株価 3,880円  前日比 -365円  出来高 241,700株
5707 東邦亜鉛
大幅下落

昨日、19年3月期の連結業績予想で、売上高が1370億円から1210億円、営業利益を110億円から13億円、純利益を93億円から21億円へ下方修正です。

無料銘柄診断受け付けは 03-5652-0610まで!
メールでの 銘柄診断は、⇦ こちらをクリックし、ご利用下さい。

東証1部(卸売業)

8031 三井物産

2018/10/02 14:24
株価 2,075円  前日比 43円  出来高 7,334,700株
8031 三井物産
年初来高値更新

7か月ぶりの年初来高値を更新。

WTI原油先物価格が前日に2ドル以上上昇し、1バレル=75ドル台まで切り上げており、実に3年10カ月ぶりの高水準にある事から買い優勢。

上昇波動継続中で注視。

東証1部(建設業)

6330 東洋エンジニアリング

2018/09/21 11:06
株価 873円  前日比 -112円  出来高 857,700株
6330 東洋エンジニアリング
ハンターchanceか・・・

昨日、ブラジル子会社が、11年に受注したリオデジャネイロ州でのコンペルジェ石油化学コンビナート内のユーティリティー設備の建設工事について、共同被告の1社としてブラジル政府から損害賠償請求の訴えがあったと発表。これを嫌気した売りで値下がり率トップになっています。

しかし、信用需給ひっ迫&逆日歩点灯しており、ここはリバウンド狙いのチャンスになりそうです。まずは打診で打つべし!

東証1部(卸売業)

8058 三菱商事

2018/08/02 14:33
株価 3,199円  前日比 24円  出来高 7,630,900株
8058 三菱商事
決算発表

19年3月期第1四半期連結税引き前利益は、前年同期比62.0%増の2706億円に拡大。

決算通過でひとまず安心感が広がる展開。株価は一目均衡表雲上限を死守。

銘柄相談は03-5652-0610まで。
ネットからは→無料銘柄診断をご利用頂けます。

東証1部(鉱業)

1606 日本海洋掘削

2018/07/20 11:16
株価 27円  前日比 -8円  出来高 2,138,600株
1606 日本海洋掘削
7月23日上場廃止

いよいよ来週23日で上場廃止に・・・株価は1円に向けてGoです。

支援企業に日本郵船が浮上とかの報道で一時ストップ高などもしてましたが・・・まさに、君子危うきに近寄らず・・・でしたね。

東証1部(化学)

4092 日本化学工業

2018/06/28 14:55
株価 4,835円  前日比 40円  出来高 79,500株
4092 日本化学工業
8割上昇!再び高値更新へ!?

当欄では【電池関連で最も量産期待できるのはコンデンサー】をキーワードに、
昨年11/24~本日まで計8回、ご紹介しておりましたが、
おそらく、どこよりも早くから取り上げているのではないでしょうか。
初登場時は株価2,457円です!

11/24のリアルタイム情報コメント
『セラミック全個体電池関連』
「TDK「セラチャージ」は積層セラミックコンデンサー(MCLL)をメインにした製品。電池関連で最も量産期待できるのはコンデンサーと期待されており、こちらは積層セラミックコンデンサー向けのセラミック材料を展開しています。PBR0.6倍の割安株で中間期業績は高進捗。ということは・・・・!!」

以上の内容ですと、まだまだ期待が高いテーマ、それと業績上方修正期待もありますので、引き続き注目ですね!
「5352 黒崎播磨」も同様。

東証JQS(非鉄金属)

5724 アサカ理研

2018/04/25 08:06
株価 2,764円  前日比 円  出来高 株
5724 アサカ理研
テレホン注目銘柄

レアアース関連として人気化しやすい銘柄です。南鳥島の海底に眠るとされる超高濃度レアアース泥が注目されており、世界消費量の数百年分との報道を受け、話題に反応する可能性が高く、人気化する展開に注目です。

東証1部(建設業)

1963 日揮

2018/02/08 13:54
株価 2,254円  前日比 90円  出来高 株
1963 日揮

本日11時30分に発表した2017年4~12月期の連結決算は、主力の総合エンジニアリング事業が好調だったことから、最終損益は198億円の黒字(前年同期は83億円の赤字)で着地。目先不安材料もなくなり買いが先行してきてます。

テクニカルでも75日線を前に反転してきており、ここからは株価修正に向かう流れを予想で注視。

東証1部(鉱業)

1605 国際石油開発帝石

2018/01/10 13:11
株価 1,474円  前日比 38円  出来高 2,569,500株
1605 国際石油開発帝石

NY原油先物WTI価格が1バレル63ドル台に上昇した事を受けて、連日の高値を更新しています。今後も原油先物価格次第で株価の上昇も期待できるだけに注視をしておく必要があります。

東証JQS(化学)

4080 田中化学研究所

2018/01/05 10:39
株価 2,140円  前日比 180円  出来高 1,203,300株
4080 田中化学研究所
180円高は9%の上昇

言わずもがなEV(電気自動車)関連の同社。
昨年、当欄7/27に1206円で取り上げ、10/20には年初来高値2918円まで、2.4倍増達成しましたが・・・・
その後調整が続いていましたが、オシレータ系テクニカルは売られ過ぎ水準から切り返し、日足ボリンジャーバンド5本線収束となってきましたね。
今年もEV関連はテーマでしょう。括目再開始だ。

テーマ株調査レポート はこちら!ホーム⇒テーマとクリックしていただき、ご覧下さい。

東証1部(非鉄金属)

5711 三菱マテリアル

2017/12/20 14:41
株価 3,845円  前日比 20円  出来高 871,000株
5711 三菱マテリアル

19日、子会社の三菱電線工業で新たに品質データを改ざんしていた製品が明らかになったと発表。携帯電話のモーターコイルなどに使われる平角マグネットワイヤで、寸法のデータを書き換えていた可能性のある製品を5社の顧客に出荷していたとのこと。

嫌気売りは限定的で、早々にプラス圏を回復しておりますが、ガバナンス上の懸念はぬぐえず、中長期スタンスの投資家は様子見か。

東証1部(鉄鋼)

5486 日立金属

2017/10/25 12:35
株価 1,506円  前日比 -128円  出来高 3,706,300株
5486 日立金属

昨日発表した中間決算で営業利益は前年同期比7%減の267億と、市場予想320億円を下回っており、今日は一時10%超の急落。

16年にファンドに売却した情報システム事業で補償費用が発生したことなどが利益を押し下げた格好ですが、一目均衡表の雲を下放れており、今回の業績相場でのパフォーマンスには黄色信号点灯。

東証1部(卸売業)

8053 住友商事

2017/09/28 13:23
株価 1,623円  前日比 1円  出来高 1,568,600株
8053 住友商事

台湾のGogoro社と戦略的パートナーシップを結んだと発表。Gogoroはバッテリー交換式の電動スクーターや充電ステーションを製造しており、同社とGogoroは今後、スクーターを活用したサービスの日本での開始などを目指すことに。国内でも自転車シェアリングなどが普及しているだけに、次はスクーターシェアリングに商機ありか。

東証1部(卸売業)

3036 アルコニックス

2017/09/28 08:17
株価 1,857円  前日比 円  出来高 株
3036 アルコニックス
上方修正

27日、中間期の連結純利益が前年同期比65%増の27億円と、従来予想2%増の17億円から上方修正。4月に子会社化した自動車用プレス加工部品事業が好調に伸びているほか、銅など金属価格の上昇を背景に、商社流通事業の採算も想定以上に高まったことなどが寄与。

寄付き前気配ではストップ高が視野に!地政学的が燻るなかでも節目1800円付近で底堅い推移を続けておりましたが、決算シーズンを睨んで先回りで上昇トレンド突入か。

東証1部(輸送用機器)

7003 三井造船

2017/06/06 09:51
株価 152円  前日比 -3円  出来高 4,749,000株
7003 三井造船
独社とメタンハイドレート回収技術確立へ提携

資源採掘システム大手の独MHヴィルトと、日本の排他的経済水域(EEZ)内におけるメタンハイドレート回収技術の確立に向けて業務提携。

メタンハイドレートは国産エネルギー資源として有望視されておりますが、中国も開発を急いでいるだけに、日本が研究開発を主導するためにも、国策テーマ色も強まることでしょう。

東証1部(石油・石炭製品)

5020 JXホールディングス

2017/03/13 10:27
株価 555円  前日比 -2円  出来高 3,349,900株
5020 JXホールディングス

12日に来日したサウジのサルマン国王との間で日本企業の進出を促すために同国に経済特区をつくることで合意したと報じられておりますね。

同社のほか、トヨタ、メガバンクなどが経済面で協力すると報じられておりますが、先週年初来高値を更新するなど、ある程度織り込みながら上昇していただけに、目先は利益確定の動きも。

東証1部(卸売業)

8001 伊藤忠商事

2016/08/09 13:35
株価 1,213円  前日比 31円  出来高 4,688,800株
8001 伊藤忠商事

8日、空売り専門の米運用会社グラウカス・リサーチ・グループは、同社の会計処理に疑問を呈したリポートについて再び見解を表明。最も重要とするコロンビアの石炭権益の減損損失について、「同社が採用する評価方法で計算しても損失計上は避けられない」などと改めて主張しております。

短期的にはほぼ織り込んでいると考えられますが、いつ発覚するともしれない時限爆弾を抱えているだけに、中朝スタンスの保有にはリスクも。

東証2部(化学)

4107 伊勢化学工業

2016/05/02 12:53
株価 479円  前日比 1円  出来高 12,000株
4107 伊勢化学工業

ヨウ素・ヨウ素化合物、ニッケル化合物、コバルト化合物の製造、加工から売買まで手掛ける。主力のヨウ素は、医療用で新興国の健診需要が着実。先週26日の決算発表にて、16年12月第1四半期連結における内容は、二桁減収減益と苦戦しており、通期も減収減益予想。ただ、株価は相応に織り込んでいる様子で、ほとんど影響なく横ばいで推移。

東証2部(非鉄金属)

1491 中外鉱業

2016/03/08 10:17
株価 24円  前日比 円  出来高 164,400株
1491 中外鉱業

金のリサイクル販売が主力事業。金価格がかなり戻ってきており、同社にとっては追い風ですが業績は芳しくありません。低位株に資金がまわってきているだけに昨日の出来高急増は気になるところ。

下記の『最新の記事を表示する』欄をクリックすると、アップデートされた最新の記事をご覧頂くことができます。

東証1部(機械)

6269 三井海洋開発

2016/01/21 10:29
株価 1,293円  前日比 37円  出来高 196,100株
6269 三井海洋開発
増配の見込み

2016年12月期の年間配当について2.5円の増配の見込みと報道。これが好材料視されて反発しておりますが、FPSO(浮体式石油・ガス生産貯蔵積み出し設備)設備の新規受注がゼロとなったとのことは依然として先行き不透明感の大きな要因。長期投資家こそ優先順位のご確認を。

東証2部(非鉄金属)

5729 日本精鉱

2011/08/24 10:11
株価 309円  前日比 25円  出来高 53,000株
5729 日本精鉱
1泊2日で8%上昇

当欄では昨日289円で、『アンチモン地金の高騰で業績も上向き。地合いが悪く動きがなかったが注目です。』とお伝えしておりましたが、今日は高値313円まで1泊2日で8%上昇です!ホルダーの方はおめでとうございました!一目均衡表の雲上限も突破し始めておりますので、引き続きしっかりご注目ください。

無料コンテンツ
詳細はこちら

個人情報保護のためにSSLを導入しています。

お問合せサポート    お気軽にお問合せください。

当社では会員様一人ひとりの目線に立ち、投資家様が充実と安心の投資ライフを過ごすためのお手伝いができるように、常に有益な情報を提供し続けます。ご不明な点がございましたら、いつでもお気軽にお問合せください。



受付時間:10時~18時(土日・祝休み)


こちらよりお問合せください
[投資顧問契約に係るリスクについて]

ホームページ上、メール上での提供情報はあくまでも情報の提供であり、売買指示ではございません。実際の投資商品の売買におきましては、自己資金枠等を十分考慮した上、ご自身の判断・責任のもとご利用下さい。
情報内容に関しては万全を期しておりますが、正確性及び安全性を保証するものではありません。提供する情報に基づき利用者の皆様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。
国内上場有価証券等には株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の価格の変動等および有価証券の発行者等の信用状況(財務・経営状況)の悪化等それらに関する外部評価の変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リスク)、または元本を超過する損失を生ずるおそれ(元本超過損リスク)があります。
信用取引を行う場合は、信用取引の額が当該取引等についてお客様の差し入れた委託保証金または証拠金の額(以下「委託保証金等の額」といいます)を上回る場合があると共に、対象となる有価証券の価格または指標等の変動により損失の額がお客様の差し入れた委託保証金の額を上回るおそれ(元本超過損リスク)があります。手数料等およびリスク等については、当該商品等の契約締結前交付書面やお客様向け資料等をよくお読みください。

[重要事項、及び注意事項]

投資顧問契約にあたっては「金融商品取引法第37条の3」の規定に基づき、ご負担頂く助言報酬(以下「情報提供料金」)や、助言の内容および方法(以下「提供サービス内容」)、リスクや留意点を記載した「契約締結前交付書面」を予めお読み頂き、内容をご理解の上ご契約をお願いしております。
ご契約に関する事前の注意事項、情報提供料金、提供サービスの内容に関しましては、各商品の詳細ページにて事前にご確認頂き、内容をご理解の上お取引下さい。
金商法上の有価証券等の投資商品には、相場や金利水準等の価格の変動、及び有価証券の発行者等の先行者等の信用状況の悪化や、それらに関する外部評価の変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リスク)、または元本を超過する損失を生ずるおそれ(元本超過損リスク)があり、投資手法によっても同様の損失が生ずるおそれがあります。
・ご提供の銘柄の中には、取引所や証券会社の判断で信用取引規制がかかる場合もございます。弊社では「SBI証券」を基準に信用取引に関する規制等の判断を行っておりますが、ご利用の証券会社によっては信用取引(制度・一般)が行えない場合もございますので、予めご了承ください。

[免責事項]

ホームページ及びメール上での提供情報は著作権法によって保護されており、イー・キャピタル株式会社(以下「弊社」)に無断で転用、複製又は販売等を行う事を固く禁じます。情報提供は、弊社の情報提供を目的とするものであり、投資勧誘を目的とするものではありません。
ホームページ及びメール上での提供情報はあくまでも情報の提供であり、売買式ではございません。実際の取引(投資)商品の売買におきましては、自己資金枠等を十分考慮した上で、ご自身の判断・責任のもとご利用下さい。
弊社は、提供情報の内容については万全を期しておりますが、会員様が提供情報の内容に基づいて行われる取引、その他の行為、及びその結果については、これを保証するものではありません。また、この情報に基づいて被った如何なる損害についても弊社は一切の責任を負いかねますので予めご了承下さい。

[金融商品取引法第37条に基づく表示]
  • 商号 : イー・キャピタル株式会社(金融商品取引業)
  • 登録番号 : 関東財務局(金商)第549号
  • 加入協会:一般社団法人 日本投資顧問業協会 会員番号 011-01024号
  • サポートデスク電話番号 : 0120-085-910 ※受付時間(平日9:00~17:00)