イー・キャピタル株式会社 無料銘柄診断0120-085-910
イー・キャピタル株式会社 関東財務局(金商)第549号

ココだけ!情報局(リアルタイム銘柄情報掲示板)

リアルタイム情報リアルタイム情報

銘柄コードやキーワードで記事を検索できます。

マザーズ(医薬品)

4575 キャンバス

2018/11/16 13:51
株価 610円  前日比 22円  出来高 64,200株
4575 キャンバス

CBP501フェーズ1b試験の用量漸増相に関するデータの中間とりまとめを終了し、既治療歴を有する固形がん患者に対し、CBP501・オプジーボ・シスプラチンを併用投与。臨床第1相試験としては良好な内容だったことを受けて、物色を受けています。今後は、学会発表が楽しみですね~!

マザーズ(医薬品)

4565 そーせいグループ

2018/11/09 14:13
株価 1,135円  前日比 150円  出来高 5,357,500株
4565 そーせいグループ
ストップ高

18年12月期第2四半期営業損益を37.53億円の赤字(18年3月期第2四半期累計は14.44億円の黒字)を発表。ロイヤリティやマイルストンに関する収益が減少したほか、研究開発費の増加が響いた模様。
ただ、通期については自社開発パイプラインへの投資をより集中的に行うことや研究開発費の減少を見込むことから、従来見通しより改善したとの事。

目先悪材料出尽くしから反発開始。

マザーズ(食料品)

2929 ファーマフーズ

2018/10/24 13:58
株価 799円  前日比 79円  出来高 2,841,300株
2929 ファーマフーズ

22日に『自己免疫疾患治療をめざした抗体医薬に関する田辺三菱製薬株式会社との共同研究契約締結』を発表しストップ高を付けるも昨日は25日線上まで調整。
テクニカルでは、MACDゴールデンクロスを形成し切り返しの動きになってきました。10/22の高値850円が視界入り。

東証1部(医薬品)

4507 塩野義製薬

2018/10/05 13:27
株価 7,501円  前日比 52円  出来高 815,100株
4507 塩野義製薬

重症化や合併症を起こしやすいリスク要因を持つインフルエンザ患者を対象としたバロキサビル マルボキシルの第3相臨床試験の良好な結果を学会で発表したことを受けて、本日は物色されていますね~!
これからインフルの季節になるだけに・・・!上場来高値を再度取りに来るか?

東証1部(化学)

3407 旭化成

2018/09/21 13:34
株価 1,674円  前日比 -10円  出来高 2,335,600株
3407 旭化成
続落

三菱UFJモルガン・スタンレー証券が、レーティングを新規「ニュートラル」でカバレッジを開始、目標株価は1600円。
今後の株価パフォーマンスは相対的に中位に。

東証1部(繊維製品)

3401 帝人

2018/08/01 12:18
株価 2,088円  前日比 円  出来高 株
3401 帝人
決算発表

19年3月期第1四半期連結経常利益は、前年同期比5.8%増の211億円。 
上期の同利益は、従来予想350億円から370億円に上方修正。
通期の同利益は、従来予想710億円から720億円に上方修正し、13期ぶりの過去最高益予想をさらに上乗せ。

東証JQS(サービス業)

2191 テラ

2018/07/19 08:44
株価 436円  前日比 円  出来高 株
2191 テラ

良く下げましたね~
2/15にテレホン注目銘柄で475円で登場し、3/19には年初来高値870円まで83%上昇した同社。

昨日、がん免疫細胞療法のアジア展開に向け、台湾のバイテクノロジー企業であるVectorite Biomedical Groupと覚書を締結したとの事。

下降トレンドにクサビを打つのか注視。

テラの銘柄情報はこちらからご覧頂けます。

東証マザーズ()

6568 神戸天然物化学

2018/06/04 13:11
株価 3,710円  前日比 120円  出来高 131,100株
6568 神戸天然物化学

5/30のテレホン注目。登場は3585円。

『3月のIPO。有機化合物の受託研究、開発、量産を手掛ける。公開価格2340円から高値は4/6に4830円を付け調整していましたが。日足ボリンジャーバンド収束からセカンダリー機運高まっており注目。』は3585円の時。ジワ~リ。継続注目変わらず。

神戸天然物化学の過去記事はこちらからご覧頂けます。

マザーズ(医薬品)

4594 ブライトパス・バイオ

2018/05/24 11:09
株価 406円  前日比 -20円  出来高 8,564,400株
4594 ブライトパス・バイオ
お問い合わせ銘柄

臨床試験の結果を受け、2日連続ストップ安を交え急落した同社。

昨年テレフォン注目銘柄として11/23に698円で登場し、1/15には高値968円まで38%上昇しましたが・・・持ち続けてしまった投資家さんはお気の毒です。

5/23の安値367円からリバウンドしてきてますが、「戻りはどこまででしょうか・・・」とのお問い合わせが急増しています。銘柄診断はお早めに!
無料銘柄診断はこちらからご利用頂けます。


東証JQG(医薬品)

4570 免疫生物研究所

2018/03/26 09:26
株価 1,325円  前日比 108円  出来高 670,000株
4570 免疫生物研究所
64%上昇!

当欄昨年11/6コメント『先日の中間決算は赤字幅が大幅縮小ですね。チャートはもうすぐ一目均衡表の抵抗帯を表す『雲』を抜けそうですね。』は825円の時。本日急騰高値は1358円で64%上昇!ホルダーの方おめでとう。

3/23多能性幹細胞マーカー SSSEA-3に対する新規抗体の製品販売開始の発表を好感し年初来高値更新!

騰がる銘柄には訳がある!こんな銘柄が無料でパソコンから聴けます。
無料テレフォンはこちらからご利用頂けます。
お電話からもご利用頂けます。(0120-085-910)

免疫生物研究所の銘柄情報はこちらからご覧頂けます。

マザーズ(医薬品)

4587 ペプチドリーム

2017/11/17 09:41
株価 3,480円  前日比 240円  出来高 1,278,400株
4587 ペプチドリーム
独バイエルAGとの創薬共同研究開発契約締結

16日、独バイエルAGとの創薬共同研究開発契約締結を発表。今日は一時9上昇となっておりますが、第1四半期決算は大幅減収で、営業損益以下はすべて赤字転落だっただけに、貴重なリバウンドとなりそうです。

東証JQS(卸売業)

3386 コスモ・バイオ

2017/10/05 10:08
株価 1,192円  前日比 -29円  出来高 35,000株
3386 コスモ・バイオ

再び押し目で登場です。今年は医学生理学賞で日本人の受賞はありませんでしたが、昨日の化学賞で受賞したテーマが『透過型電子顕微鏡』ですね。こちらは透過電子顕微鏡受託観察サービスを手掛けておりますね。業績面では中間決算で大幅上方修正しましたね。次の第3四半期決算発表に期待。

2017/09/27 13:32
株価 253円  前日比 4円  出来高 465,600株
4564 オンコセラピー・サイエンス

いよいよ来週はノーベル賞発表です!こちらがんの免疫療法で業界紙でノーベル賞関連にもノミネートされております。さらに9/28から『第76回日本癌学会学術総会』が始まりますね。いよいよ秋の学会シーズンに突入です。癌学会で今注目されているのが同社大株主シカゴ大学の中村祐輔教授ですね!癌学会でも座長を務めております。新しいがん免疫療法システムを今年から人にも臨床試験しており成果発表に期待。

2017/09/15 14:43
株価 674円  前日比 -7円  出来高 93,300株
7777 スリー・ディー・マトリックス

17年5-7月期の連結決算で最終損益は3億5500万円の赤字で、前年同期の5億4800万円の赤字から縮小。業績面からは依然として買えませんが、秋の学会シーズンが迫っており、目先はバイオ関連物色の流れに乗れるかどうかが焦点。

東証1部(医薬品)

4568 第一三共

2017/08/31 14:24
株価 2,599円  前日比 130円  出来高 8,514,700株
4568 第一三共
アストラゼネカの買収提案で思惑

巨大製薬企業の英アストラゼネカが、同社に買収提案していたことが明らかに。

アストラゼネカは2016年の売上高が230億ドル(約2兆5000億円)で、世界ランキング10位につける巨大企業。その規模は同社のざっと3倍弱。同社の発行済み株式の半分以上を取得すれば、買収額は1兆円規模に達することに。

第一三共は提案に応じなかったものの、今後も買収の可能性は潜在することになるため、今日は思わj九から一時13%上昇!

東証1部(サービス業)

2395 新日本科学

2016/06/03 09:22
株価 780円  前日比 -15円  出来高 1,203,000株
2395 新日本科学
再生医療関連へ!

当欄では4/15に426円で、『先週5日には、再生医療を手掛けるジェネシスサイエンスと業務提携を発表しており、安全性試験や海外展開、知財管理などの総合コンサルティングサービスを提供していく模様。株価は、75日移動平均を回復しているところにMACD反転と、トレンド変化の兆しも。』とお伝えしておりましたが、6/1には年初来高値853円まで倍増達成となりましたよね!

同社は5/31開催の取締役会で、6/29開催予定の株主総会で『定款の一部変更の件』に関する議案を付議することを決議。事業を営む目的の項目に、『再生医療等製品、医療機器』が追加されております。

5/31には、神戸再生医療・医療機器研究支援室の開設を発表。再生医療や有望な医療機器、医薬品などの先端医療の実用化を支援する方針を打ち出しており、今後は再生医療関連のテーマ性からの物色も期待できそうですね!

新日本科学の過去記事はこちらからご覧頂けます。

東証1部(化学)

4204 積水化学

2014/03/06 14:04
株価 1,167円  前日比 25円  出来高 1,072,000株
4204 積水化学

SMBC日興証券では、足元の受注実績が競合他社を上回る点をポジティブに評価しており、レーティング『1』を継続しておりますが、目標株価は1330円から1310円に引き下げ。

先週同様、25日線が上値抵抗線として意識されておりますが、貸借倍率16.98倍と依然需給は悪く、材料視した買いは限定的。

無料コンテンツ
詳細はこちら

個人情報保護のためにSSLを導入しています。

お問合せサポート    お気軽にお問合せください。

当社では会員様一人ひとりの目線に立ち、投資家様が充実と安心の投資ライフを過ごすためのお手伝いができるように、常に有益な情報を提供し続けます。ご不明な点がございましたら、いつでもお気軽にお問合せください。



受付時間:10時~18時(土日・祝休み)


こちらよりお問合せください
[投資顧問契約に係るリスクについて]

ホームページ上、メール上での提供情報はあくまでも情報の提供であり、売買指示ではございません。実際の投資商品の売買におきましては、自己資金枠等を十分考慮した上、ご自身の判断・責任のもとご利用下さい。
情報内容に関しては万全を期しておりますが、正確性及び安全性を保証するものではありません。提供する情報に基づき利用者の皆様が判断し投資した結果については、一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。
国内上場有価証券等には株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の価格の変動等および有価証券の発行者等の信用状況(財務・経営状況)の悪化等それらに関する外部評価の変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リスク)、または元本を超過する損失を生ずるおそれ(元本超過損リスク)があります。
信用取引を行う場合は、信用取引の額が当該取引等についてお客様の差し入れた委託保証金または証拠金の額(以下「委託保証金等の額」といいます)を上回る場合があると共に、対象となる有価証券の価格または指標等の変動により損失の額がお客様の差し入れた委託保証金の額を上回るおそれ(元本超過損リスク)があります。手数料等およびリスク等については、当該商品等の契約締結前交付書面やお客様向け資料等をよくお読みください。

[重要事項、及び注意事項]

投資顧問契約にあたっては「金融商品取引法第37条の3」の規定に基づき、ご負担頂く助言報酬(以下「情報提供料金」)や、助言の内容および方法(以下「提供サービス内容」)、リスクや留意点を記載した「契約締結前交付書面」を予めお読み頂き、内容をご理解の上ご契約をお願いしております。
ご契約に関する事前の注意事項、情報提供料金、提供サービスの内容に関しましては、各商品の詳細ページにて事前にご確認頂き、内容をご理解の上お取引下さい。
金商法上の有価証券等の投資商品には、相場や金利水準等の価格の変動、及び有価証券の発行者等の先行者等の信用状況の悪化や、それらに関する外部評価の変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リスク)、または元本を超過する損失を生ずるおそれ(元本超過損リスク)があり、投資手法によっても同様の損失が生ずるおそれがあります。
・ご提供の銘柄の中には、取引所や証券会社の判断で信用取引規制がかかる場合もございます。弊社では「SBI証券」を基準に信用取引に関する規制等の判断を行っておりますが、ご利用の証券会社によっては信用取引(制度・一般)が行えない場合もございますので、予めご了承ください。

[免責事項]

ホームページ及びメール上での提供情報は著作権法によって保護されており、イー・キャピタル株式会社(以下「弊社」)に無断で転用、複製又は販売等を行う事を固く禁じます。情報提供は、弊社の情報提供を目的とするものであり、投資勧誘を目的とするものではありません。
ホームページ及びメール上での提供情報はあくまでも情報の提供であり、売買式ではございません。実際の取引(投資)商品の売買におきましては、自己資金枠等を十分考慮した上で、ご自身の判断・責任のもとご利用下さい。
弊社は、提供情報の内容については万全を期しておりますが、会員様が提供情報の内容に基づいて行われる取引、その他の行為、及びその結果については、これを保証するものではありません。また、この情報に基づいて被った如何なる損害についても弊社は一切の責任を負いかねますので予めご了承下さい。

[金融商品取引法第37条に基づく表示]
  • 商号 : イー・キャピタル株式会社(金融商品取引業)
  • 登録番号 : 関東財務局(金商)第549号
  • 加入協会:一般社団法人 日本投資顧問業協会 会員番号 011-01024号
  • サポートデスク電話番号 : 0120-085-910 ※受付時間(平日9:00~17:00)